夏の朝霞市を彩るよさこい踊りと花火

彩夏祭

「彩夏祭」は、埼玉県朝霞市内で開催されている市民祭りのこと。毎年8月の第一日曜日を基準に連続する金・土・日曜日の3日間開催される。この祭りが始まったのは1984(昭和59)年のこと。当時は小規模で行われていたが、回を重ねるごとに規模も大きくなり、今では、約65万人以上方が来場する朝霞市を代表する祭りとなった。

彩夏祭
彩夏祭

「彩夏祭」という愛称は、1995(平成7)年「第12回朝霞市民まつり」の際に、市民公募により決定。「夏の彩り豊かな祭り」というイメージと、「彩の国、埼玉」からとられた。

彩夏祭
彩夏祭

彩夏祭のイメージキャラクターとして人気が高いのが「彩夏ちゃん」。2001(平成13)年の「第18回彩夏祭」で一般公募を行い、数多くの作品の中から選ばれた。「彩」の文字を髪に結ったかわいらしいキャラクターで、打ち上げ花火のイメージや鳴子を持って踊り、祭りを楽しむ様子をデザインしている。また、ブルーとグリーンは、市内を流れる清らかな河川や、緑の豊かな朝霞を現しているという。

彩夏祭
彩夏祭

「彩夏祭」のメインイベントが「関八州よさこいフェスタ」。高知県の「よさこい祭り」、札幌市の「よさこいソーラン」に続く関東一の鳴子踊りであり、本州最古にして関東一熱い鳴子踊りとして有名。こちらは1994(平成6)年に始まり、約7,000人の踊り子が参加する。

彩夏祭
彩夏祭

そして「彩夏祭」もう一つのメイン催し物である「打ち上げ花火」は、「キャンプ朝霞跡地」から約10,000発が打ち上げられ、夜空を大輪の花が彩る。

彩夏祭
彩夏祭

彩夏祭
所在地:埼玉県朝霞市
http://saikasai.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ