東武東上線とJR武蔵野線の2路線が利用できる便利な街、朝霞市浜崎一丁目

朝霞市浜崎一丁目は東武東上線の「朝霞台」駅とJR武蔵野線の「北朝霞」駅の北東に位置する。両駅に近いため電車の利用や買い物がしやすく、暮らしの利便性が高い。地形的には黒目川の西側に広がる標高約20メートルの武蔵野台地上にあり、高燥な環境にも恵まれている。

武蔵野線開通と「朝霞台」駅開設でベッドタウンに進化

1964(昭和39)年、浜崎一丁目の南側、現在の泉水三丁目にホンダグループが運営する遊園地「朝霞テック」が誕生し、東京都心に近いレジャースポットとして人気を集めた。この遊園地は1973(昭和48)年に閉園となり、現在、跡地は「本田技術研究所朝霞研究所」に生まれ変わっている。

「北朝霞」駅や「朝霞台」駅の開業でベッドタウンとして発展
「北朝霞」駅や「朝霞台」駅の開業でベッドタウンとして発展

1973(平成48)年の国鉄武蔵野線(現・JR武蔵野線)の開通により「北朝霞」駅が誕生。翌1974(昭和49)年には「北朝霞」駅に隣接して東武東上線の「朝霞台」駅も設けられた。「北朝霞」駅と「朝霞台」駅周辺では区画整理事業により住宅地の開発が進められ、ベッドタウンとして発展を遂げる。

1987(昭和62)年には東武東上線と営団地下鉄有楽町線(現・東京メトロ有楽町線)との直通運転が始まり、現在は都心にダイレクトアクセスできる住宅地として注目されている。

東京都心にダイレクトアクセス

東武東上線の「朝霞台」駅には急行や快速も停車
東武東上線の「朝霞台」駅には急行や快速も停車

現在も交通アクセスの利便性は浜崎一丁目の大きな魅力だ。「朝霞台」駅は東武東上線の急行や快速、準急も停車する主要駅で、利用できる電車が多い。急行や快速に乗れば「池袋」駅まで3駅17分と短時間で移動できる。東武東上線には東京メトロ有楽町線直通電車や東京メトロ副都心線を経由して東急東横線に直通する電車もあり、「有楽町」駅や「新宿三丁目」駅、「渋谷」駅、「横浜」駅などにも乗り換えなしでアクセス可能だ。

「朝霞台」駅に隣接する「北朝霞」駅に発着するJR武蔵野線は東京都内から放射状に延びる路線との接続駅が多く、利便性が高い。「西国分寺」駅でJR中央線、「武蔵浦和」駅でJR埼京線、「南浦和」駅でJR京浜東北線などに乗り換えることができ、1回の乗り換えでアクセスできるエリアは南関東一円に広がる。

ショッピングタウン、池袋での買い物も気軽に

サミットストア 朝霞台店
サミットストア 朝霞台店

買い物環境にも恵まれている。「北朝霞」駅周辺には「オリンピック 朝霞台店」や「サミットストア 朝霞台店」、「フエンテ 朝霞台店」などスーパーマーケットが充実。日常の買い物を身近で済ませることができる。

東武東上線を利用すれば「東武百貨店 池袋店」や「西武 池袋本店」など多くのショッピング施設が集まる「池袋」駅へ短時間でアクセスできるほか、JR武蔵野線沿いには「イオンレイクタウン」や「ららぽーと新三郷」など大型ショッピング施設が多く、買い物の楽しみは豊富だ。

近隣に子育て施設や公共施設、医療機関が揃う

朝霞市では保育所の増設や子育て支援センターの整備子育て支援にも力を入れており、子育てファミリーにうれしい環境が整う。

「さくら子育て支援センター」など子育て施設も近い
「さくら子育て支援センター」など子育て施設も近い

浜崎一丁目周辺でも「朝霞市立浜崎保育園」や「朝霞市立北朝霞保育園」など保育施設が充実。「さくら子育て支援センター」や「きたはら子育て支援センター」など子育て支援センターも複数あり、親子の交流の場の提供や育児相談などが行われている。

朝霞市産業文化センター
朝霞市産業文化センター

さらに、エリア周辺には「朝霞市役所 朝霞台出張所」や「朝霞市立図書館 北朝霞分館」「朝霞市産業文化センター」など公共施設が集まり、身近で行政手続きや公共サービスの利用ができることも便利だ。

多くのクリニックが集まる「アゴラ21ビル」
多くのクリニックが集まる「アゴラ21ビル」

医療施設も充実している。「朝霞台」駅前には小児科や内科、眼科などのクリニックが集まる「アゴラ21ビル」があり、かかりつけとして使いやすい。「朝霞厚生病院」や「朝霞台中央総合病院」など高度医療を提供する病院が近いことも安心だ。「朝霞台中央総合病院」は2018(平成30)年1月に「TMGあさか医療センター」として駅の南東側に移転する予定で、病床数も現在より120床増えることになっている。

花見の名所としても知られる黒目川

黒目川花まつり
黒目川花まつり

浜崎一丁目は自然に親しめるスポットも多い。エリアの南東を流れる黒目川沿いには桜並木があり、毎年4月には「黒目川花まつり」が開催される。「西久保公園」や「浜崎公園」など子どもの遊び場に適した公園、野球場がある「北朝霞公園」やテニスコートがある「弁財公園」などスポーツ施設を備えた公園も近い。

プールなどを備える「朝霞市健康増進センター わくわくどーむ」
プールなどを備える「朝霞市健康増進センター わくわくどーむ」

少し足を延ばせば、プールやトレーニングルーム、リフレッシュルームがある「朝霞市健康増進センター わくわくどーむ」、朝霞市の歴史や文化を学べる「朝霞市博物館」もあり、思い思いの休日を満喫できる。

交通アクセスや買い物の利便性に加え、子育て環境や自然環境にも恵まれた朝霞市浜崎一丁目。この街はファミリーを中心に暮らしやすい住宅地として人気を集めている。

あわせて読みたい。関連ページ