ロケーション

  • 朝霞台エリアガイド
  • 朝霞台エリアを歩いてレポート!
  • 朝霞台でのライフスタイルをご紹介!
  • 朝霞台での子育てについて聞きました!

朝霞台エリアガイド トップ > € コラム >  東上線と武蔵野線が交わる朝霞市朝霞台・泉水エリアの魅力

東上線と武蔵野線が交わる朝霞市朝霞台・泉水エリアの魅力

朝霞市泉水エリアは、東武東上線の「朝霞台」駅とJR武蔵野線の「北朝霞」駅の南側に位置し、大部分は黒目川の西側の武蔵野台地上にある。標高およそ35メートルの高台で、高燥な環境が心地よい場所だ。

塩味醤油醸造

エリアの南側にはかつて川越街道が通り、江戸時代には宿場町として栄えていた。現在も当時の街道沿いには、長い歴史を持つ寺社が残るほか、「塩味醤油醸造」や「御菓子司 喜楽屋」といった江戸時代創業の老舗もある。泉水エリアは旧街道からは少し北側にあり、戦後もしばらくは、雑木林や畑地が広がる地域だったという。

本田技術研究所

1964(昭和39)年に、現在の泉水三丁目にホンダグループが開設する遊園地「朝霞テック」が誕生し、当時は大変なにぎわいを見せたそうだ。1973(昭和48)年、遊園地は惜しまれつつ閉鎖となり、跡地は「本田技術研究所朝霞研究所」に生まれ変わる。現在もこの場所には「本田技術研究所二輪R&Dセンター・汎用R&Dセンター」があり、研究が続けられている。

朝霞台駅

現在の「朝霞台」駅周辺では武蔵野線開通に備え、1969(昭和44)年から土地区画整理がはじまった。現在の街並みの骨格はこの時期にできたものだ。1973(昭和48)年の武蔵野線開通とともに「北朝霞」駅が開設、翌1974(昭和49)年には、東武東上線の「朝霞台」駅も開設されている。

島の上公園

こうして交通の利便性が向上した泉水エリアは住宅地として発展。1981(昭和56)年の「朝霞市立泉水保育園」、1989(平成元)年の「島の上公園」、1990(平成2)年の「朝霞市役所 朝霞台出張所」、2001(平成13)年の「朝霞第十小学校」と、新規の生活施設整備も進められた。

イオンバイク 朝霞泉水店

2012(平成24)年に「いずみばし保育園」が開園したほか、2013(平成25)年9月には「スーパーバリュー朝霞泉水店」や「イオンバイク 朝霞泉水店」もオープンを迎え、近年はさらに生活の利便性が増している。

朝霞台駅

徒歩圏内で2路線の駅を利用できる泉水エリアは通勤・通学も便利だ。「朝霞台」駅には東上線の普通電車のほか、急行電車、準急電車、快速電車が停車し、利用できる電車が多い。急行電車と快速電車に乗れば、「池袋」駅まで3駅18分。準急電車でも4駅19分で着く。また、東武東上線には東京メトロ有楽町線直通電車や副都心線を経由して東急東横線に直通する電車もあり、「有楽町」駅や「新宿三丁目」駅、「渋谷」駅、「横浜」駅などにもダイレクトでアクセスできる。

北朝霞駅

一方、武蔵野線は東京都内から放射状に延びる鉄道路線との接続駅が多い便利な路線で、「西国分寺」駅でJR中央線、「武蔵浦和」駅でJR埼京線、「南浦和」駅でJR京浜東北線などに乗り換えることができ、各方面にスムーズなアクセスが可能だ。

所沢IC

国道254号や国道463号浦和所沢バイパスが近くを通るこのエリアは自動車も使いやすい。浦和所沢バイパス上には関越自動車道の「所沢」ICもあり、高速道路にも簡単に乗ることができる。

スーパーバリュー 朝霞泉水店

「スーパーバリュー朝霞泉水店」や「ドラッグストアセキ 野火止店」などがあるこのエリアは、毎日の買い物を近くで済ませることが可能という便利さもある。通勤の帰りに買い物するなら「朝霞台」駅周辺の「オリンピック 朝霞台店」や「サミットストア 朝霞台店」が便利だ。また、国道254号沿いには郊外型のショッピングセンターも集まっている。

マルイファミリー志木

休日の買い物には、東武東上線を利用すれば、都内有数の一大ショッピングタウン池袋での買い物も気軽に行ける距離。「志木」駅前にはファミリー向けのお店が充実した「マルイファミリー志木」もある。さらに、武蔵野線沿いの大型ショッピングセンター「イオンレイクタウン」や「ららぽーと新三郷」に出かけるのも乗り換えなしとなる。自動車を利用すれば、シネマコンプレックスも入っている複合ショッピングセンター「OSCデオシティ」も使いやすい。

朝霞市立図書館 北朝霞分館

「朝霞台」駅周辺には、「朝霞市役所朝霞台出張所」や「朝霞市立図書館 北朝霞分館」など公共施設が集まり、行政手続きや公共サービスの利用も身近でできる。「朝霞市役所」も徒歩圏内で、何か用事があっても簡単に行くことが可能だ。

立教新座中学校・高等学校

教育・子育てという点では、エリア周辺に小学校や幼稚園、保育園が揃い、通学や通園の距離も短いという安心感がある。エリアの西側の「立教新座中学校・高等学校」やエリア北側にある「慶應義塾志木高等学校」など、徒歩圏内に名門かつ難関の私立校があることも注目したい。

朝霞台中央総合病院

泉水周辺には内科・小児科の「塩味クリニック」などかかりつけに利用しやすいクリニックが揃うほか、「朝霞台中央総合病院」など大型病院が近いのも心強い。

黒目川周辺

泉水という地名の由来は黒目川沿いの台地の縁に水が湧いていたことに由来する。現在、泉水付近の湧水は失われてしまったものの、黒目川沿いには今も貴重な湧水が多数残る。この黒目川には桜並木があり、毎年4月には「黒目川花まつり」が開催されるなど、四季の美しい風景を楽しめる場所だ。少し足を延ばせば、「平林寺」の境内林など自然を楽しめるスポットは数多い。

朝霞中央公園

公園にも恵まれている。エリア内には「泉水公園」など子どもを遊ばせるのに適したサイズの公園があるほか、「朝霞の森」や「青葉台公園」など緑豊かな大型公園も近い。さらに、野球場や陸上競技場が揃う「朝霞中央公園」や、通年利用できるプールがある「わくわくドーム」、夏のみ開設の「溝沼子どもプール」では、スポーツも身近で楽しめる。

交通アクセスにショッピング施設、公共施設、自然環境と便利で快適に暮らすために必要な要素が揃った街、それが朝霞市泉水エリアだ。