ロケーション

  • 朝霞台エリアガイド
  • 朝霞台エリアを歩いてレポート!
  • 朝霞台でのライフスタイルをご紹介!
  • 朝霞台での子育てについて聞きました!

朝霞台エリアガイド トップ > € Pickup 名店散策  >  パティスリー オランジュ

パティスリー オランジュ(約850m/11分)

パティスリー オランジュ

都内で修行を積んだシェフが2010(平成22)年、地元にオープンしたケーキ屋さんが「パティスリー オランジュ」だ。広々とした店内に毎日数十種類の生ケーキや焼き菓子といった数えきれないほどの洋菓子が並ぶ。

パティスリー オランジュ

朝霞の霞(かすみ)からとった「かすみロール」は、お店の誇る人気ロールだが、米粉に他の粉をブレンドした柔らかくもちっとした生地に、濃縮ミルクが入った生クリームが絶品のケーキだ。お値段も一本1,000円(1カット230円)とリーズナブルなので、お土産やちょっとしたお茶菓子にも日常遣いとして楽しめる。

パティスリー オランジュ

またパティスリー オランジュの『オランジュ』は、フランス語でオレンジを意味する言葉だそうで、オレンジやオレンジリキュールを利かせたケーキがオランジュの特徴だそうだ。そんなパティスリー オランジュでは、定番の人気ケーキに赤桃のゼリフィーが入った白桃ムースの「momo」450円に、オレンジのコンフィチュールを使用したシェフ自慢の「オランジュ」430円などがある。

美しいデザインに目を奪われるが、オランジュのケーキの中には生ケーキと一線を画したこだわりのフランス菓子「タルトタタン」や、クリスマスに切り分けていただくドイツ菓子の「シュトーレン」600円など、本場でも作りだせないのではないのかと思う程のお菓子もあるのだ。

パティスリー オランジュ

特に今回、試食させていただいた「シュトーレン」は、ほんの一口、口に含んだだけでドライフルーツの上品な甘さと、きめの細かな生地が口どけよく広がる、秀逸さを感じさせる一品だ。

これまでもいくどか「シュトーレン」を頂いたことはあったが、これほどきめ細かく洗練された味わいのものを口にするのは初めてであった。日本人ならではの味覚の繊細さと、修練された技術が融合した極みの一品ではないかと思うのだ。

パティスリー オランジュ

そんな新鮮な驚きが満載のパティスリー オランジュでは、イートインも可能。天気の良い昼下がりにまどろみつつ、芳醇な生菓子に舌鼓打つのも良いのではないだろうか。近隣にあると有り難い、誇るべき朝霞のパティスリーである。

※メニュー・値段は取材当時のものとなります。

パティスリー オランジュ
所在地:埼玉県朝霞市西弁財2-2-24 かつみビル1F
電話番号:048-424-7514
営業時間:10:00〜20:00
http://www.orange77.jp/