2路線が利用でき、ショッピング施設が集まる「春日部」駅徒歩圏内にある春日部市八丁目

春日部市は埼玉県東部に広がり、江戸時代には日光街道の宿場町として発展した。現在はベッドタウンとして住宅地が広がり、春日部市の人口は埼玉県内で7番目に多い。八丁目は春日部市の中央やや北側、「春日部」駅の北側に位置する。ショッピング施設や公共施設が集まる春日部市の中心地でありながら、戸建て住宅が建ち並ぶ閑静な佇まいの住宅地だ。

日光街道の宿場町として発展した桐たんすの街

八丁目周辺には江戸時代に日光街道の「粕壁宿」が設けられた。「粕壁宿」付近を流れる大落古利根川には河岸が設けられていたほか、周辺の農村では新田開発が盛んに行われ、「粕壁宿」周辺は物資の集散地としても栄えていたという。現在も春日部大通り周辺には本陣跡や問屋場跡など当時の面影が残る。

「匠大塚 春日部本店」などインテリアショップが揃う
「匠大塚 春日部本店」などインテリアショップが揃う

春日部では伝統工芸として古くから桐たんすの生産が行われてきた。家具メーカーの島忠や大塚家具も春日部で創業しており、今も「島忠 春日部本店」や「匠大塚 春日部本店」といった大型インテリアショップが営業を続けている。

2路線利用可能な「春日部」駅が徒歩圏内

東武スカイツリーラインと東武アーバンパークラインが乗り入れる「春日部」駅
東武スカイツリーラインと東武アーバンパークラインが乗り入れる「春日部」駅

「春日部」駅に近い八丁目は交通アクセスの利便性も高い。「春日部」駅からは東武スカイツリーラインと東武アーバンパークラインの2路線が乗り入れる。東武スカイツリーラインは一部の特急を除くすべての電車が停車し、利用できる電車の本数が多い。東武スカイツリーラインの急行や準急は東京メトロ半蔵門線に直通し、「三越前」駅や「大手町」駅にもダイレクトアクセス可能。各駅停車の大部分は東京メトロ日比谷線直通電車で「日比谷」駅や「銀座」駅にも乗り換えなしで移動できる。

東武アーバンパークラインに乗れば、東北・北海道新幹線や上越・北陸新幹線など多くの路線が集まる「大宮」駅にアクセスしやすく、旅行やレジャーの際の移動も便利だ。

スーパーマーケットから大規模ショッピング施設まで身近に揃う

「富士ガーデン 春日部店」などスーパーマーケットが身近
「富士ガーデン 春日部店」などスーパーマーケットが身近

八丁目周辺には「ギガパール 春日部店」や「富士ガーデン 春日部店」といったスーパーマーケットが揃い、買い物環境にも恵まれている。

「ララガーデン春日部」といった大規模ショッピング施設も近い
「ララガーデン春日部」といった大規模ショッピング施設も近い

「春日部」駅の西口にはファッションや雑貨のショップに加え、グルメの店やシネマコンプレックスが集まる大規模ショッピング施設「ララガーデン春日部」があるほか、エリアから東に少し足をのばせば「イオンモール春日部」もあり、多彩な買い物ニーズを満たすことが可能だ。

「春日部」駅周辺は「春日部市役所」など公共施設が集まる春日部市の中心地だ。「春日部市市民活動センター(ぽぽら春日部)」や「春日部市立中央図書館」といった公共施設も使いやすく、公共サービスを身近で利用できることもうれしい。

子育て・教育施設が充実

エリア内に建つ「春日部市立幸松小学校」
エリア内に建つ「春日部市立幸松小学校」

「春日部」駅周辺は「真由美幼稚園」や「春日部市立春日部第9保育所」など幼稚園や保育施設が多く、子育てしやすい環境が整う。教育施設も充実し、「春日部市立幸松小学校」がエリア内にあるほか、「春日部市立東中学校」も短時間で通学できる場所にある。

「春日部」駅前を中心に学習塾や習い事教室も揃い、子どもの好奇心を満たしてくれるだろう。

水や緑に親しめるスポットが近い

橋上が公園になっている「古利根公園橋」
橋上が公園になっている「古利根公園橋」

八丁目周辺は自然を感じられるスポットも多い。エリアの南を流れる大落古利根川を渡る古利根公園橋は橋上の公園になっており、埼玉県の鳥であるシラコバトをイメージした風見鶏や彫刻が設置されている。

少し足を延ばせば、遊具を備えた広場や野球場がある「牛島公園」、広いグランドがある「旧倉松公園」など休日を楽しめる公園も多い。また、「牛島公園」に近い「牛島の藤」は樹齢1200年と言われる巨木で、国の天然記念物にも指定されている。

「春日部」駅に近く、交通アクセスや買い物の利便性に恵まれ、豊かな自然環境に抱かれた春日部市八丁目。ここでは快適な暮らしを満喫できそうだ。



あわせて読みたい。関連ページ