川越市通町のエリア概要

「蔵の街」川越の中心地、通町で暮らす

川越市通町は市の中心部、西武新宿線「本川越」駅の東側に広がる。エリアの西には商店街や大規模ショッピング施設も充実。交通アクセスや買い物などの利便性に恵まれた暮らしやすい住宅地だ。

川越城の城下町として発展、その後「蔵の街」へ

「川越城本丸御殿」
「川越城本丸御殿」

川越は江戸時代に「川越城」を中心とした城下町として発展。新河岸川の舟運や川越街道の整備などにより交通の拠点としても栄えた。その繁栄ぶりは小江戸と称されるほどだったという。現在も「川越城本丸御殿」や「喜多院」など当時の面影を感じられるスポットが残り、国の重要無形文化財に指定されている。また、「川越まつり」をはじめ、伝統の祭りが今も大切に受け継がれている。

川越 蔵の街並み
川越 蔵の街並み

また、川越では1893(明治26)年に大火が起き、街の多くが焼失した。この際、蔵造りの建物が焼け残ったことから、再建にあたって蔵造りにすることが流行し、日本でも有数の「蔵造りの町並み」が誕生した。この「蔵造りの町並み」は1999(平成11)年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」、2002(平成19)年には「美しい日本の歴史的風土100選」に選定され、多くの観光客が行き交う場所になった。

戦後は交通利便性の高いベッドタウンとしても発展を遂げ、とくに近年は「川越」駅周辺の再整備などで、さらに暮らしやすい街へと進化している。

東京都心方面へ2駅3路線利用可能

「本川越駅」
「本川越駅」

通町で暮らすことを考えると、交通アクセスの利便性は大きな魅力になるだろう。最寄りとなる「本川越」駅からは西武新宿線を利用でき、「高田馬場」駅や「西武新宿」駅へダイレクトアクセス可能。西武新宿線は「本川越」駅が始発となるため、座って移動できるのもうれしい。追加料金が必要になるが、特急小江戸号もあり、ゆったりとした座席でくつろぎながら移動することもできる。

通町からは東武東上線とJR川越線の「川越」駅も徒歩圏内だ。東武東上線は「川越」駅にすべての電車が停車し、利用できる本数が多い。東武東上線には「池袋」行きの電車のほか、東京メトロ有楽町線や東京メトロ副都心線への直通電車もあり、「永田町」駅や「有楽町」駅、「新宿三丁目」駅や「渋谷」駅などに乗り換えなしで移動できる。東武東上線には朝の「池袋」駅行き、夜間の「池袋」駅発のTJライナー号があり、追加料金を払えば座って移動することも可能だ。

また、JR川越線は大部分の電車が「大宮」駅からJR埼京線に直通する快速や通勤快速で、「新宿」駅や「渋谷」駅、「大崎」駅などにダイレクトでアクセスできる。JR川越線は「川越」駅始発でこちらも座って移動できるのも魅力になる。

百貨店からスーパーマーケットまで日常圏内に揃う

「丸広百貨店 川越店」
「丸広百貨店 川越店」

川越市の中心部に位置する通町は買い物もしやすい。エリアの西には川越市を代表する商店街「クレアモール」が広がり、「丸広百貨店 川越店」のほかスーパーマーケット「マルエツ 連雀町店」、ドラッグストア「クリエイトエス・ディー 川越クレアモール店」など日常の買い物に便利な店が並ぶ。

「ルミネ 川越店」
「ルミネ 川越店」

「川越」駅前には「ルミネ 川越店」や「アトレ川越」のほか、深夜1時まで営業している「川越マイン」が、「本川越」駅には駅直結のショッピングセンター「西武本川越PePe」があり、電車を利用した際の買い物に便利だ。

「菓子屋横丁」
「菓子屋横丁」

また、「本川越」駅から北側に伸びる「蔵造りの町並み」や「菓子屋横丁」周辺には老舗の店が軒を連ね、風情ある街並みを散策しながらの買い物も楽しい。

幼稚園・保育施設から小・中学校、伝統を誇る高校まで集まる

「川越市立中央小学校」
「川越市立中央小学校」

通町は子育ての場としても魅力が多い。エリア周辺には「川越幼稚園」や「あそか幼稚園」、「おひさま保育園川越」や「ねむの木保育園」といった幼稚園・保育施設が充実。「川越市立中央小学校」や「川越市立川越第一中学校」にも短時間で通学することができる。

「埼玉県立川越高等学校」
「埼玉県立川越高等学校」

エリア周辺には「埼玉県立川越高等学校」や「埼玉県立川越女子高等学校」といた長い歴史を誇り、進学校としても名高い高校も揃う。とくに「埼玉県立川越高等学校」は文化祭で水泳部が男子シンクロナイズドスイミングを披露することでも有名で、映画やドラマの「ウォーターボーイズ」のモデルにもなった。

深い伝統と文化を持つ川越市の中心部にある通町。この街では、川越の魅力を満喫しながらの暮らしが楽しめる。