JR京浜東北線と埼玉高速鉄道の2路線が利用できる利便性が光る街、川口市上青木

川口市上青木はJR京浜東北線「川口」駅と「西川口」駅の東、埼玉高速鉄道「南鳩ヶ谷」駅の西に位置する。江戸時代、川口には日光街道の宿場が置かれ、宿場町として栄えた。近代以降は鋳物工業が盛んになり、工業の街としても発展した。川口市は埼玉県の南、荒川を挟んで東京都と接する場所にあたり、東京都心に近いことから住宅地の開発が進み、現在は約58万人の人口を誇る。

JR京浜東北線や埼玉高速鉄道で東京都心直結

「川口」駅
「川口」駅

上青木を暮らしの場として考えると、交通アクセスの利便性は大きな魅力だ。「川口」駅はJR京浜東北線の埼玉県1つ目の駅であり、1駅乗れば東京の「赤羽」駅となる。「東京」駅にはJR京浜東北線に乗り23分でダイレクトアクセス。「池袋」駅や「新宿」駅には「赤羽」駅でJR埼京線に乗り換えれば、いずれも20分以内にアクセスできる。

「川口」駅
「川口」駅

エリアの東には埼玉高速鉄道「南鳩ヶ谷」駅もある。埼玉高速鉄道は東京メトロ南北線に直通運転が行われており、「四ツ谷」駅や「溜池山王」駅など東京都心へ乗り換えなしでアクセス可能だ。

スーパーマーケットから大型ショッピング施設まで近隣に揃う

「マルエツ 西川口東口店」
「マルエツ 西川口東口店」

上青木周辺にはショッピング施設が充実し、買い物もしやすい。スーパーマーケットは「フードスクエアカスミ 川口前川店」や「マルエツ 西川口東口店」など複数の店があり、日常の買い物は身近で済ませることができる。

「イオンモール川口前川」
「イオンモール川口前川」

エリア付近には「イオンモール川口前川」や「イオン川口店」など大型ショッピング施設が揃うほか、「川口」駅周辺には「そごう川口店」や「アリオ川口」、「かわぐちキャスティ」などのショッピング施設が集まり、多彩な買い物ニーズを満たしてくれるだろう。

恵まれた子育て環境

「川口総合文化センター・リリア」
「川口総合文化センター・リリア」

川口市は子育て支援に力を入れていることでも知られている。「川口」駅西口の「川口総合文化センターリリア」には子育てファミリーの交流の場となり、子育て相談も受けて受けている「子育てサポートプラザ」が設けられているほか、上青木周辺にも「南鳩ヶ谷地域子育て支援センター」や「南平児童センター」といった子育て支援施設が揃い、子育てしやすい環境が整う。

また、川口市では埼玉県内でトップクラスの高等学校を目指し、川口市立高等学校3校を統合する取り組みを進めている。2018(平成30)年開校の新たな高等学校は現在の「川口市立川口総合高校」を第1校地、「川口市立川口高校」を第2校地として利用する予定だ。

休日を楽しめるスポットも豊富

「川口市立グリーンセンター」
「川口市立グリーンセンター」

上青木は自然に親しめるスポットも多い。新芝川沿いには自転車道が整備されており、サイクリングや散策が楽しめる。少し足を延ばせば、温室やバードセンター、流水プール・アイススケート場名護がある「川口市立グリーンセンター」、開放的な風景が心地よい荒川河川敷もある。

エリア近くの「青木町公園総合運動場」には陸上競技場のほか、野球場、テニスコート、プール、弓道場など多くの施設が揃い、スポーツも気軽に楽しめる。「天然温泉 ゆの郷 Spa Nusa Dua」では天然温泉があり、身近でリフレッシュできるのもうれしい。

東京都心に近く、子育て施設やレジャースポットにも恵まれた川口市上青木。ここでの暮らしは充実した日々を満喫できそうだ。