散策レポート

「北浦和」駅から『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』まで歩いてみました!

『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』は、「北浦和」駅前から緑豊かな北浦和公園を抜け、約5分ほど歩いた大戸氷川通り沿いに誕生します。すぐ南は埼玉県きっての文教地区・浦和区で、近隣には一帯が高級住宅街として知られる「別所沼公園」や「埼玉大学教育学部附属幼稚園」、同小学校などが点在しており、賑やかな駅前とは少し雰囲気が異なる、静かで落ち着いた環境となっています。また、駅前に広がる商店街や「イオン北浦和店」なども利用しやすく、買い物も便利です。今回は、実際に「北浦和」駅から物件までを歩いて暮らしの魅力をチェックしてきました!

「北浦和公園」内にある「埼玉県立近代美術館」
「北浦和公園」内にある「埼玉県立近代美術館」

「北浦和」は県内トップクラスの進学校「埼玉県立浦和高等学校」の最寄り駅としても知られる駅。西口の前に広がるバス・タクシーロータリーを見渡すと、早速進学塾や家庭教師の看板がいくつも目に入り、文教地区の町という印象を受けます。駅周辺には、ベーカリー・洋菓子店やラーメン店、カフェなどが集まっており、ランチタイムの食事処もよりどりみどり。駅を背にしてロータリー右手には「ハッピーロード」の看板が目印の「北浦和西口商店街」があります。まずは、この商店街を散策してみましょう!

正面奥は「北浦和公園」

「北浦和」駅西口駅前ロータリー
「北浦和」駅西口駅前ロータリー

入り口は
飲食店が充実!

多くの専門店が集う「北浦和西口商店街」
多くの専門店が集う「北浦和西口商店街」


駅周辺部は比較的飲食店が目立しますが、ピザパン&マフィンの専門店「OtTIMO」やフラワーリースやオシャレな雑貨が揃う「WARDROBE」などもあります。さらに西へ向かって進んでいくと、ドラッグストアに青果店、豆腐屋、魚屋、肉屋、米屋など普段使いで利用しやすい店舗が並んでいます。全長500mほどの商店街の終点にはスーパーマーケット「イオン北浦和店」がありました。食品、雑貨、衣料品、インテリアと豊富な品揃えで、サイクルショップや100円ショップ、フィットネスクラブ、保育所と専門施設も充実。向かいには郵便局もある好立地で、何かと便利に使えそうです。

商店街の中ほどにあるドラッグストア
商店街の中ほどにあるドラッグストア

食品売り場は
23時まで営業

商店街の端にあるスーパー「AEON」
商店街の端にあるスーパー「AEON」


次は、駅前から『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』まで歩いてみましょう。ロータリーに沿ってぐるりと回って直進すると、徒歩2~3分で「北浦和公園」の入り口に到着しました。公園を回りこんで行くこともできますが、せっかくなので公園の中を通り抜けていきましょう。自動車なども通らず安全ですし、何より豊かな緑の中を歩くと気持ちがいいですよね。

「北浦和公園」の中央には「埼玉県立近代美術館」があります。大正時代から多くの画家が集まり「鎌倉文士に浦和画家」という言葉まで生まれた、浦和地区らしい公園で、音楽に合わせて噴水が躍動する「音楽噴水」や「彫刻広場」のオブジェなど、見るだけでも楽しい仕掛けがいっぱいです。芝生広場ではこの日はガールズスカウトのイベントが行われており、親子連れでとても賑わっていました。

「北浦和公園」の正面入り口
「北浦和公園」の正面入り口

サックス形のオブジェ
にも注目!

人気の高い「音楽噴水」
人気の高い「音楽噴水」


「音楽噴水」を右手に見ながら歩いていくと、2~3分で「県立近代美術館」の目の前に着きます。同館は、モネ、シャガール、ピカソなど海外の一流画家から日本の現代作家まで幅広い収蔵品を有しており、年に5回の企画展は見応えがあると評判。さらに、所蔵している椅子の作品に実際に座れるユニークな展示でも多くのファンがおり、遠方から訪ねてくる人も多いのだそうです。さらに見逃せないのが併設のレストランとミュージアムショップの存在で、館内のレストラン「ペペロネ美術館」では、イタリアンとフレンチを独自にアレンジした料理を楽しめるそうです。ガーデン席もあるので、天気のいい日は家族でランチ、というような使い方もいいかもしれませんね。

入館のみなら無料!

公園中央に建つ「埼玉県立近代美術館」
公園中央に建つ「埼玉県立近代美術館」

家族でのランチ
にもぴったり♪

家族でのランチにもぴったり!
家族でのランチにもぴったり!


美術館前で右に折れ、右手に「彫刻広場」を見ながら進むと、公園の西側の出口に着きます。名残惜しいですがここで公園には別れを告げて左折し、公園の縁に沿って外側の通りを歩いていきましょう。道幅は広く、歩道もしっかり整備されているので、歩き心地は良好。公園に隣接する「さいたま市立常盤小学校」沿いの左手の角に、あいあい傘の可愛らしい子どもたちのオブジェが見えたら、右折の合図です。十字路を右に曲がりましょう。

歩道が広い!

公園沿いの道路
公園沿いの道路

常盤小学校の角にある2人の子どものオブジェ
常盤小学校の角にある2人の子どものオブジェ


そのまま真っ直ぐ2~3分歩いていくと、左手に「二木屋」と書かれた看板のある交差点に出るので、さらにここを左折します。この「二木屋」は国の登録有形文化財・小林英三邸(1937(昭和12)年建設、1950(昭和25)年増築)で会席料理が楽しめるお店です。

写真左手から歩いてきて、正面方向へ左折

「二木屋」の看板が目印
「二木屋」の看板が目印

国の登録有形文化財を使った会席料亭「二木屋」
国の登録有形文化財を使った会席料亭「二木屋」


「二木屋」の前を過ぎて真っ直ぐ進み、県道57号(大戸氷川通り)に出る1つ手前の十字路を右折し、真っ直ぐ歩いていけば『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』に到着です! エントランス側の道は、閑静な住宅街なので交通量もすくなく安心です。

この角を右折して
真っ直ぐ

県道57号(大戸氷川通り)手前の十字路
県道57号(大戸氷川通り)手前の十字路

『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』現地モデルルーム公開中
『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』現地モデルルーム公開中


『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』大戸氷川通り側
『クレアホームズ北浦和 楓雅の邸』大戸氷川通り側

県道側は広い中央分離帯を備えた片側2車線道路。交通量はさほど激しくなく、物件の周りに空間を遮るような高いビルもないので、とても開放的な空間が広がっています。バルコニーからの眺めもよさそうです。気になる方は、ぜひ現地を歩いてご自身の目でもチェックしてみてくださいね!


発見ポイント!

物件から徒歩2分の「埼玉大学教育学部附属幼稚園」
物件から徒歩2分の「埼玉大学教育学部附属幼稚園」

  • (1)自然と芸術両方が楽しめる北浦和公園が、駅までのルート上に!
  • (2)駅前では難しい抜群の開放感!
  • (3)日常の買い物や保育施設も充実。