新しく水との共存文化を創造する都市の象徴

大相模調節池

「大相模調節池」は「新しく水との共存文化を創造する都市」をスローガンとした越谷市の地区整備事業「越谷レイクタウン事業」の一貫で、水害対策として作られた調節池だ。池の広さは39.5ヘクタールで調節水量は120万立方メートル。

大相模調節池
大相模調節池

「大相模調節池」周辺は地域住民に開放され住民の憩いの場となっている。また登録をするとカヌーや手漕ぎボートなど、動力の無い船を楽しむことができる。池の周囲は「レイクサイドウォーク」という遊歩道が整備され、全長5.7キロメートルなので、ウォーキングだと約1時間半で1周することができる。

大相模調整池の遊歩道
大相模調整池の遊歩道

池のほとりには「水辺のまちづくり館」があり、「大相模調節池」や越谷レイクタウンのまちづくりの情報が発信されている。また眺望テラスや展望デッキもあり「大相模調節池」が一望できる。無料でレンタサイクルの貸し出しを行っているので、サイクリングを楽しむこともできる。

大相模調節池は緑が美しい
大相模調節池は緑が美しい

「大相模調節池」では安全のため花火やバーベキューなどの火を使うことはできない。またキャンプも禁止だ。しかし、水辺のまちづくり館のすぐ横には「越谷レイクタウン BBQ Base」があり、そこでは食材やコンロなどの必要な物が用意されていて、手ぶらでバーベキューを楽しめるおすすめのスポットだ。

大相模調節池の噴水
大相模調節池の噴水

「大相模調節池」周辺には「見田方遺跡公園」や「レイクタウン湖畔の森公園」などもあり、自然が豊かで気持ちのいい環境が広がっている。

大相模調節池
所在地:埼玉県越谷市レイクタウン 
電話番号:048-971-9002(水辺のまちづくり館)

詳細地図