再開発で便利で安全、快適な街に発展した武蔵浦和エリア

武蔵浦和エリアではJR埼京線の開通に伴い駅が設置され、その後、急速に発展を遂げた。近年は、さいたま市の副都心としての機能を果たすべく再開発が進められ、より時代に適合した街へと成長を続けている。

さいたま中央郵便局

このエリア周辺では1964(昭和39)年頃から土地改良事業が行われ、道路や宅地の整備が進められてきた。現在の都市の基盤はこの頃すでに整備が完了し、これが近年の発展の礎になったといえよう。1978(昭和53)年には「さいたま中央郵便局」が現在地に移転し、埼玉県の中枢機能を果たす施設が設けられたことから、副都心としての役割を担うことになる。

武蔵浦和駅

1985(昭和60)年の埼京線開通に合わせ、武蔵野線との乗り換え駅として「武蔵浦和」駅が開業し、このエリアの交通利便性は飛躍的に向上した。さらに、1987(昭和62)年には駅ビル「ビーンズ武蔵浦和」がオープンを迎え、ショッピング環境も充実している。

ライブタワー

2000年代になると、「武蔵浦和」駅前の再開発が相次いで行われた。その先駆けとなる再開発ビル「ラムザ」は、1998(平成10)年に竣工しクリニックなどが多数開業した。続いて、2001(平成13)年には「ライブタワー」も完成、同時に東口駅前広場が開設され、周辺エリアからの交通アクセスがよりスムーズになっている。

ナリア

その後も、「武蔵浦和」駅北側で複合施設「MUSE CITY」、再開発ビル「ザ ファースト タワー」がオープン、駅の西側にスーパーマーケット「マルエツ ナリア武蔵浦和店」などが入る複合施設「NARIA」ができるなど、開発が進められてきた。

さいたま市南区沼影一丁目の街並み

加えて、こうした開発エリアと駅を結ぶペデストリアンデッキや歩道の整備も進み、安全・快適に移動できるようになったことも再開発のメリットのひとつといえよう。また、耐震性の高い建物や電線地中化、道路の拡幅によって地震など災害に強い街にもなっている。

サウスピア

2013(平成25)年には、「さいたま市南区役所」や「さいたま市立武蔵浦和図書館」が入る「サウスピア」が完成し、公共施設もさらに充実してきた。今後も「武蔵浦和」駅の南西側で、2016(平成28)年度完了予定の「(仮称)武蔵浦和駅再開発〈庭園都市〉プロジェクト」の工事が進められており、業務施設や住宅のほか、ショッピング施設も整備されることになる。

これからも、さらなる発展を遂げる武蔵浦和エリア。しばらくはこのエリアから目を離せそうにない。

LIFE INFORMATION

PAGE TOP