「南浦和」駅至近の利便性と、暮らしの安らぎにも恵まれた文教の街

さいたま市南区南本町二丁目は「南浦和」駅の北西に広がる「南浦和」駅の周辺でも北西側は、駅前にスーパーマーケットや金融機関などの生活利便施設や学習塾などがある一方、少し離れると落ち着いた住宅地となっており、駅から近い交通・生活の利便性と閑静な住環境を併せ持つ魅力的なエリアだ。

中山道沿いの集落「大谷場村」の中心地として発展

歴史ある「調神社(つきじんじゃ)」
歴史ある「調神社(つきじんじゃ)」

南本町周辺は古くは「本村」「大谷場(おおやば)本村」と呼ばれ、1889(明治22)年まで存在した「大谷場村」の中心集落として栄えた。本町一丁目に現存する「大谷場氷川神社」は大谷場村の鎮守であった。また、南本町二丁目の「宝性寺」も歴史ある寺院。両寺社とも江戸時代以前(正確な創建年代は不詳)から続く歴史を今に伝えている。

江戸時代には南本町二丁目の西側に中山道が整備された。蕨宿と浦和宿の間にあたり、当時の沿道の一部には現在も趣ある家並みや、辻一里塚(つじいちりづか)、焼米坂(やきごめざか)、調神社(つきじんじゃ)などの寺社・史跡・地名が残されている。

JR2路線利用可能。京浜東北線の始発利用で都心まで快適にアクセス。

南浦和駅
南浦和駅

最寄りとなるJR「南浦和」駅は京浜東北線と武蔵野線が交わり、東西南北に鉄道が伸びる。京浜東北線に乗れば「上野」駅や「東京」駅など東京都心部を経て、川崎・横浜方面にまでダイレクトにアクセスできる。「南浦和」駅始発の電車も多く、通勤・通学などの負担も軽減できる。また、京浜東北線は「南浦和」止まりも多く、19時台には3本に1本が「南浦和」止まりとなる。終電も遅く、深夜1時台まであるため、帰りの時間が遅くなっても安心だ。

下り方面は、「浦和」駅、「さいたま新都心」駅、「大宮」駅などさいたま市内の主要駅にもスムーズに移動できるほか、「大宮」駅から東北・上越・北陸新幹線も利用しやすい。武蔵野線は東京近郊を環状に結ぶ路線で、「北朝霞」駅での東武東上線、「南越谷」駅での東武スカイツリーラインなど、他の路線との接続駅が多く、神奈川県から東京都、埼玉県、千葉県の広い範囲に乗り換え1回で行くことができる。

自動車の利用も便利だ。周囲には国道17号、東京外かく環状道路、新大宮バイパスなどの幹線道路が多く、東京外環自動車道の「戸田東」ICや「外環浦和」IC、首都高速道路埼玉大宮線「浦和南」出入口、「戸田」出入口も利用しやすい場所にある。

駅周りには買い物・生活利便施設が充実

「南浦和」駅前にある「コモディイイダ 南浦和店」
「南浦和」駅前にある「コモディイイダ 南浦和店」

買い物施設にも恵まれている。「南浦和」駅の西口側には、「丸広百貨店 南浦和店」「コモディイイダ 南浦和店」「コープみらい コープ南浦和店」、東口側には「マルエツ 南浦和東口店」「ダイエー 南浦和東口店」などスーパーマーケットや日用品店が充実。また、東西共に駅周りには商店街も広がり、様々な専門店、飲食店、クリニックや薬局などが揃う便利な環境だ。

埼玉県内で店舗を展開する「丸広百貨店 南浦和店」
埼玉県内で店舗を展開する「丸広百貨店 南浦和店」

南本町二丁目から、埼玉県・さいたま市の行政の中心地であり「埼玉県庁」や「さいたま市役所」が集まる「浦和」駅の西側は徒歩・自転車圏内。また、南本町二丁目の南西側には「さいたま市文化センター」や「さいたま市立南浦和図書館」などもあり、多彩な公共サービスを活用しやすい環境となっている。

歴史ある学校に、子どもの好奇心に応える多彩な学びの場

南浦和は旧浦和市の一部。浦和市は埼玉県内でも文教都市として発展してきた歴史があり、南浦和エリアの教育環境もその伝統を引き継いでいる。南本町二丁目の通学指定校である「さいたま市立高砂小学校」は1871(明治4)年創設の「浦和宿郷学校」がルーツという長い歴史を持ち、2015(平成27)年には145周年を迎えた。

明治創立、歴史ある「さいたま市立高砂小学校」
明治創立、歴史ある「さいたま市立高砂小学校」

南本町二丁目の北西にある「埼玉県立浦和第一女子高等学校」も1898(明治31)年設立の「埼玉女学校」が前身という県内最古の女子校だ。近年は文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール」にも指定されている。

有名進学塾をはじめ、多くの塾が集まるのも特長的で、一部では『塾銀座』とも呼ばれている。スイミングスクール、英会話スクール、音楽教室、子ども向けもあるスポーツクラブ・カルチャーセンターなど習い事の施設も多く、好奇心旺盛な子どもにとって恵まれた環境といえよう。

スーパーサイエンススクールに指定されている「埼玉県立浦和第一女子高等学校」
スーパーサイエンススクールに指定されている「埼玉県立浦和第一女子高等学校」

また、保育園などの子育て施設も充実。「南浦和」駅前には認可外保育施設や「さいたま市小規模保育事業所」が多いほか、2015(平成27)年4月には「さいたまたいよう保育園」「アートチャイルドケア 南浦和保育園」の認可保育所も2園が開園した。

安らぎを与えてくれる緑豊かな自然・公園

宇宙をテーマにした「北原公園」
宇宙をテーマにした「北原公園」

エリア周辺には「北原公園」や「根岸北原公園」など子どもの遊び場に適した規模の公園があるほか、「大谷場氷川神社ふるさとの森」や「調公園」など歴史を感じられる緑地も近い。

最寄駅至近ならではの利便性の高い生活環境に、教育施設や公園などにも恵まれたさいたま市南区南本町二丁目周辺エリア。子育てファミリーが安心して暮らせる環境が整った街といえるだろう。

\ 私が紹介しました/

admin