豊かな住環境と交通利便性を持つ、三郷中央

土地区画整理により計画的な街づくりが行われ、より暮らしやすい街へと発展を遂げている三郷中央エリア。現在も整理事業は進行中で、今後もますます魅力的な街になることが期待されている。

中川
中川

歴史を遡れば、三郷中央エリアを挟むように流れる中川(古利根川)と江戸川は、江戸~大正時代のころまで主要な水運路の役割を果たしていた。沿岸には集落が形成され、その内陸にあたる三郷中央エリアは、水田が広がるのどかな田園地帯であった。

開発目覚ましい「三郷中央」駅前
開発目覚ましい「三郷中央」駅前

1970年代になり常磐新線(現・つくばエクスプレス)の建設が構想され、1994(平成6)年に着工。三郷市内の新駅予定地を中心とする「三郷中央一体型特定土地区画整理事業」も1997(平成9)年から事業化されることとなった。2005(平成17)年、つくばエクスプレスの開通に伴い「三郷中央」駅が開業。「北千住」駅まで約10分という交通アクセスの良さに加えて、計画的にインフラ整備が行われた暮らしやすい街が注目を集め、一躍人気のベッドタウンとなった。

現在、街区の整備などは概ね整い、2014(平成26)年度中には住所も新町名に。「三郷中央」駅及びその西側のエリアは「三郷市中央一丁目」、駅の南部は「三郷市中央二丁目」、北部は「三郷市中央三丁目」、三丁目の北部東が「三郷市中央四丁目」、その西が「三郷市中央五丁目」となった。今後「三郷中央一体型特定土地区画整理事業」は2018(平成30)年度に完了する予定。さらに生活利便性の高い街へと進化を遂げる。

「三郷中央」駅
「三郷中央」駅

最寄りとなる「三郷中央」駅は、区間快速が停車する駅。そのため、都心への交通アクセスは快適そのものだ。「秋葉原」駅へはつくばエクスプレスで約20分。「東京」駅へも、「秋葉原」駅でJR山手線に乗り換えて35分程度。「大手町」駅へは、「北千住」駅で東京メトロ千代田線に乗り換えて30分ちょっとで到着できる。

三郷JCT
三郷JCT

自動車の場合には、高速道路網の要衝となっている三郷ジャンクションの利用が便利。首都高速道路6号三郷線・東京外環自動車道・常磐自動車道の3つの高速道路の出入口が集中しており、さまざまな方面への移動拠点となる。首都高速と常磐道は起点であり、東京外環自動車道も均一料金なので、路線を跨がないように利用すれば料金も節約できる。一般道の国道298号・東京外かく環状道路も、川口、松戸などへのアクセスに便利なほか、2017(平成29)年度には東京外環自動車道「三郷南」IC~「高谷」JCT(仮称)が開通予定で、交通渋滞の解消とさらなる利便性の向上が期待されている。

三郷市役所
三郷市役所

三郷市の行政の中心は、「三郷中央」駅の北側エリア。「三郷市役所」「三郷郵便局」などが狭い範囲内に集まっており、公共サービスを活用しやすい。また、JR武蔵野線「新三郷」駅すぐの「ららぽーと新三郷」内には、三郷市の情報発信スペース「ららほっとみさと」が常設されており、定期的にイベントも開催している。

エムズタウン三郷中央
エムズタウン三郷中央

開発が進むこのエリアでは、商業施設の充実ぶりも目を見張る。「三郷中央」駅周辺には、スーパーマーケットの「マルエツ 三郷中央店」を中核として、「西松屋 エムズタウン三郷中央店」、ドラッグストア、レストラン、各種クリニックなどが入るにぎやかな商業施設「エムズタウン三郷中央」をはじめ、「ホームズ 三郷中央店」「ヤオコー 三郷中央店」「クリニックステーション三郷中央」「ドラッグストア マツモトキヨシ 三郷中央駅前店」などさまざまなショッピングやサービスが集まる。駅前にあるので、通勤通学の行き帰りにも気軽に立ち寄ることができる。

イトーヨーカドー 三郷店
イトーヨーカドー 三郷店

そのほか、「三郷」IC近くの「ピアラシティみさと」には、「イトーヨーカドー 三郷店」をメインに、ホームセンターの「スーパービバホーム 三郷店」、シネマコンプレックスの「MOVIX三郷」、地域最大級のアミューズメントパーク「ゲームパニック三郷」などが集まる。JR武蔵野線「新三郷」駅前にある「新三郷ららシティ」は、「IKEA 新三郷」や「コストコ 新三郷店」のほか、「ららぽーと新三郷」も集結する超大型の複合商業施設。「ユニクロ」「無印良品」「ロフト」などのショップもテナントとして入る。家族や友だちと、一日中遊べる便利で楽しい施設がいっぱいだ。

わせだっこ中央保育園
わせだっこ中央保育園

教育環境の整備も進められている。2012(平成24)年8月には「三郷ひだまり保育園」、2013(平成25)年4月には「みさとしらゆり保育園」と、2つの認可保育園が開園。さらに2016(平成28)年には市内に8つの保育園が新設された。「三郷中央」駅周辺には「みさとしらゆり第2保育園」「わせだっこ中央保育園」、「三郷中央すずらん保育園」の3園が開園している。保育所に通っていない子どもに対しても、市内の12ヵ所の公立保育所で園庭解放を行うなど、さまざまな子育て支援が実施されていることも魅力だ。

三郷市わくわくライブラリー
三郷市わくわくライブラリー

また、三郷市は2013(平成25)年に「日本一の読書のまち」宣言をしており、学校図書館や公共図書館と連携した取り組みが充実。「読書フェスティバル」といったイベントも開催している。2014(平成26)年6月1日には「三郷市立図書館」が、「三郷市立郷土資料館」との複合施設「三郷市わくわくライブラリー」としてオープン。最新の設備を備えたきれいな建物で、行くのが楽しみになるライブラリーだ。

三郷中央3号公園
三郷中央3号公園

地域住民の憩いの場や子どもたちの遊びの場となる公園も「三郷中央3号公園」「三郷中央4号公園」「におどり公園」などが、各所に配されている。「におどり公園」の北側にも広い公益施設用地があり、現在どのような施設をつくるか検討が進められている。

都立水元公園
都立水元公園

三郷中央エリアの周辺地域にも、水と緑の豊かな施設が豊富だ。北側には「三郷スカイパーク」「三郷市総合体育館」など大型のスポーツ施設が、江戸川沿いには「サンケイスポーツセンター」や江戸川自転車道が整備。三郷放水路沿いや、新和さくら遊歩道、二郷半用水緑道は、春には美しい桜が楽しめ、少し足を伸ばせば「みさと公園」「水元公園」といった自然豊かな大規模公園で、のんびりした休日を過ごすこともできる。また、中川沿いには「中川マリーナ」「マリーナJOY」「コクボマリーナ」など、マリーナも多数。水に浮かぶヨットを眺めながらの散歩も気持ちがいい。三郷中央エリアでは、子どもも大人もゆとりある生活を楽しめそうだ。