自由な発想で“美味しさ”を追求し続ける街の洋菓子店

パティスリー いい天気

交差点の角に佇む温かみのある煉瓦の建物
交差点の角に佇む温かみのある煉瓦の建物

「武蔵浦和」駅東口を出て歩いて7分程。大通りをまっすぐ進み、「武蔵浦和駅入口」交差点を過ぎ、2つ目の交差点の手前に店はある。煉瓦造りの外壁に、オレンジと白のストライプのテントという組み合わせの親しみやすい雰囲気のある店だ。店の脇に金木犀の花木が植えられており、秋口にはスイーツとはまた別の甘い香りが店のまわりに漂っている。

お店のスタッフが描いたキュートなイラスト看板が目印
お店のスタッフが描いたキュートなイラスト看板が目印

明るい店内には、季節のフルーツをふんだんに使ったケーキやタルトといった生菓子をはじめ、手土産にも喜ばれそうな焼き菓子が数種類並ぶ。また、ガラス越しに店の奥にある厨房の様子がうかがえ、シェフや職人がお菓子作りに精を出す姿が店全体に活気を与えているようだ。

色とりどりの商品と外からの光にあふれた明るい店内
色とりどりの商品と外からの光にあふれた明るい店内

オーナーシェフの友田さんは、製菓学校を卒業後、洋菓子店で修業を積んでその後渡仏。フランスではパティスリー以外にもベーカリーやレストランなどで修業を積むなど、オールマイティな経験の持ち主だ。そんな経験豊かなシェフが作り出すお菓子は、そのお菓子が従来受け継いできた伝統を守りながらも常に自由な発想で創作されている。それが店のこだわりであり、2003(平成15)年のオープン以来引き継がれているモットーでもあるのだ。

旬のフルーツやこだわりの素材を使った人気ケーキ
旬のフルーツやこだわりの素材を使った人気ケーキ

「フランス菓子だからといって敷居が高くない、いろんな人が訪れる親しみやすいお店でありたい」と語るシェフ。「いい天気」という店名は、この言葉のように人々の暮らしに寄り添う身近な存在でありたいとの想いからつけられたものだという。商品や店名だけでなく、店を形づくるすべてのものからそんな想いが感じられ、近くにあるとどことなくほっとできる街の洋菓子店だ。

マドレーヌやフィナンシェなど定番の焼き菓子も品揃え豊富
マドレーヌやフィナンシェなど定番の焼き菓子も品揃え豊富

パティスリー いい天気
所在地:埼玉県さいたま市南区白幡3-13-2
電話番号:048-710-5337
営業時間:10:00~20:30
定休日:水曜日
http://www.patisserie-iitenki.jp/

詳細地図