埼玉6市の子育て支援比較レポート

街ぐるみでの子育てを目指して!埼玉6市の子育て支援比較レポート

子育て政策の充実する埼玉県とその各自治体。どの自治体も、それぞれに独自の取り組みを行っています。今回は、埼玉県東エリア、春日部市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市の6つの自治体の子育て支援サポートの違いを比較しつつ、子育て支援を行っている場所などを紹介します!

image photo
image photo

 

街ぐるみでの子育てを目指して!

埼玉県では、各自治体の「子育て力」のレベルアップを図るため、総合支援窓口の充実、地域子育て支援拠点の設置、市町村子育て支援ネットワークの形成といった3つの要件を満たしている市町村を「地域子育て応援タウン」として認定しています。
さまざまな人と人とのつながりや地域全体で子育てを応援するサポート体制が認められた春日部市はいち早く認定、その後、越谷市、草加市、三郷市、八潮市も認定を受けています。子育てをさらにサポートしていこうという取り組みは、各自治体がさまざまに行っていますが、どの自治体にも共通するのは、“街ぐるみで子育てする環境をつくりあげていこう”ということ。地域に見守られながら子育てができる環境は、子育てで孤立しがちな親にとって、とっても心強いですね。


充実の保育環境と医療助成で、子育て生活をしっかり支援

どれくらい保育環境の整備が進んでいるか、例にとって見てみましょう。
2016(平成28)年度4月時点において、保育園の待機児童数は春日部市で「3」、八潮市で「0」となっています。春日部市は24万人を超える多くの人が住む大きな街ですが、この少なさには驚きです。
助成面では、6市においてはいずれも医療費の助成が中学校修了まで受けられるのが嬉しいですね。まだまだケガや病気の多い中学生。利用する機会も多いと思います。

埼玉の子育て支援状況
埼玉の子育て支援状況

越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市は、市民サポーターがボランティア的に行う「ファミリーサポート事業」を、松伏町を含む5市1町で一緒に取り組んでいるのも特徴です。在勤・在住に関係なく、各自治体のファミリー・サポート・センターを相互に利用できるので、より幅広い支援が受けられますね。

埼玉の子育て支援状況
埼玉の子育て支援状況


“困ったときの相談窓口”や“親子での交流の場”を利用して、孤立しない子育てを!

子育て中の悩みを相談する場や、乳幼児やその親が交流する場はこれまでもありましたが、その充実度はどんどん増してきています。ここでは、そのいくつかをご紹介します。

春日部市には3つの児童センターがありますが、そのひとつ、春日部第1児童センター「エンゼル・ドーム」は全天候型の児童館です。屋内にはプレイルームのほか、図書コーナーや学習コーナー、パソコンコーナー、調理室、工作・創作室など充実した設備。屋外にはローラースケート場もあります。

春日部市児童センター
春日部市児童センター

越谷市にある「児童館コスモス」は、3階建てのユニークな建物。1階は遊戯室やおもちゃ室、図書室、工作室など“遊びと創造”がテーマ。2階はプラネタリウム室や天文・宇宙展示コーナー、3階は科学実験室といったように、子どもたちが集う児童館機能に科学体験施設の機能を併せ持っています。屋上には天体観測室もありますよ。

越谷市立児童館コスモス
越谷市立児童館コスモス

三郷市では、2013(平成25)年に「三郷中央駅前子育て支援センターにこにこ」がオープンしました。月曜日から土曜日まで、月齢毎に利用できる時間帯を決めているので、小さな子どもも安心して動き回れます。個別相談の時間帯もしっかりとあるので、予約をとってゆっくりとお話してみるといいですね。

吉川市では、「吉川市民交流センター おあしす」の2階に、「子ども室」が用意されています。就学前の子どもが保護者の見守る中で、元気に遊べる部屋です。とても清潔で広々としているので、思い切り遊ばせることができます。施設内には、図書館をはじめ、多目的ホールや生活工房、セミナールームやフィットネスルームなど多くの部屋が用意されていて、いろいろな世代の人たちがいろいろな目的で利用できます。子育て世代からずっとお世話になりそうな建物です。

吉川市市民交流センターおあしす
吉川市市民交流センターおあしす

八潮市の「八潮子育てほっとステーション」は2016(平成28)年10月にオープンしたばかり。交流拠点となる「子育てひろば」には子育てコーディネーターが配置されていて、相談にのってくれるだけでなく、保育園や幼稚園の紹介や子育て支援機関の紹介など、子育てに関して広くアドバイスをしてくれます。


知ってて便利な情報はネットで検索

妊娠したら?子育て中に困ったら?子育てをもっと楽しくしたかったら?「さて、どうしようか」と悩んだときは、パソコンやスマートフォンで簡単に調べられる窓口が、どこの自治体にも用意されています。以下にご紹介しますので、ぜひ、覗いてみてください。

埼玉の子育て支援サイト
埼玉の子育て支援サイト

【春日部市】かすかべ子育て支援サイト
“クレヨンしんちゃんの街”・春日部市らしく、クレヨンしんちゃんが子育ての楽しいイベントや遊び場を案内してくれます。子どもを預ける場所や、手当・助成なども検索できます
URL:http://www.city.kasukabe.lg.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/index.html

【越谷市】こしがや子育てネット
医療機関や保育園、幼稚園などを「子育てマップ」から探すことができるので、地域情報を調べるのに便利です。現役ママを中心とした市民ボランティアが身近な情報を紹介する「こしがや子育てクワイエ」も楽しいサイトです。
URL:http://koshigaya-kosodate.net/

【草加市】そうか子育て応援サイト ぼっくるん
草加市で子育て中の人が知りたい情報・必要な情報へ簡単にアクセスできるようにと、子育て団体や公募により集まった市民らにより構築されたサイト。とても見やすいサイトです。
URL:http://www.soka-bokkurun.com/

【三郷市】三郷市HP内
三郷市のHP内において、「子育てしたいまち 家族の笑顔があふれるまち」を目指して、市が作成しています。保育施設や教育施設のマッピングや、はじめて子育てする人や働きながら子育てをする人などを意識したつくりになっています。
URL:http://www.city.misato.lg.jp/5890.htm

【吉川市】よしよしネット
吉川市から委託を受け、「NPO法人よしかわ子育てネットワーク」が制作・運営しています。身近な地元の子育て情報がいっぱいです。
URL:http://www.yoshiyoshinet.com/index.php
吉川市ママフレ
知っていると便利な子育ての行政サービス情報が紹介されています。
URL:https://yoshikawa-city.mamafre.jp/

【八潮市】八潮市子育て応援ナビ
会員登録することにより子どものマイページが作成され、予防接種スケジュールの自動作成などもできます。
URL:https://yashio.city-hc.jp/

いかがでしたか?どの市も、それぞれの工夫で子育てをサポートしてくれていることがわかりましたでしょうか。これからもますます子育てが便利に!そして、楽しく!!なる予感です。是非、いろいろな情報をゲットして、これからの子育てを充実させてくださいね。

街ぐるみでの子育てを目指して!埼玉6市の子育て支援比較レポート
所在地:埼玉県 

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP