吉川市の子育てレポート

子育てママへの細やかな支援が魅力の吉川市

子育ての相談、交流、サポートが充実。未就学児を持つ家族に向けた取り組みとは

吉川市には「吉川市子育て支援センター」「美南子育て支援センター 美南の風」「中央子育て支援センター ぴこの森」と3つの「地域子育て支援拠点」があり、さまざまな支援を行っています。利用対象は、未就学児の子どもとその親。

このうち中心的な役割を担っているのが、「市民交流センターおあしす」内にある「吉川市子育て支援センター」です。市直営の拠点で子育て総合支援窓口にもなっていて、専任の保育士が子育て講座を開催したり、子育てに関するさまざまな相談にのってくれるので、子育てで困ったときには、気軽に利用してみるとよいでしょう。

「吉川市子育て支援センター」では子育てに関する様々な相談にのってくれる
「吉川市子育て支援センター」では子育てに関する様々な相談にのってくれる

ほかにも、放課後や休日に子どもたちの元気な声があふれる「吉川市児童館ワンダーランド」は、プラネタリウムが設置された児童館で、小学生を中心に、乳幼児から高校生まで幅広い子どもたちが利用しています。好奇心旺盛な子どもたちにとっては、魅力的な遊び場のひとつになっているようです。

さらに、吉川市では「吉川」駅徒歩5分の「コビープリスクールよしかわステーション」を基点に、市内全8つの認可保育所を専用バスで結ぶ「送迎保育」も実施しています。職場が遠かったり、出勤時間が早い、または帰りが遅い親にとっては、とても助かりますね。

「吉川市児童館ワンダーランド」
「吉川市児童館ワンダーランド」

子育てする親を支えるために、きめ細かい訪問型のサービスを展開

吉川市では、市内在住で妊娠中または出産後1年未満で、体調不良等により家事や育児を行うことが難しく、日中、家事や育児のお手伝いをしてくれる方がいない親を対象に、「産前・産後ヘルプサービス」を行っています。1時間当たり900円で家事や育児をヘルパーがお手伝いするもので、子育て中のママの心強い味方となっています。

ほかにも訪問型の支援としては、「ホームスタート」という取り組みがあり、未就学児が1人でもいる家庭に、研修を受けたボランティアが訪問するもので、話し相手になったり、子どもと一緒に遊んだりすることで、ママたちが元気に子育てできるようにサポートしてくれます。施設や窓口に出向くのはちょっと・・・と思ったときも、こうしたサービスがあれば利用しやすいですね。吉川市では、こうした個別のサービスをとおして、ママたちが地域へと踏み出してほかの支援や人々とつながるきっかけづくりを進めています。

吉川市には「産前・産後ヘルプサービス」などの心強いサービスがある
吉川市には「産前・産後ヘルプサービス」などの心強いサービスがある

子育て世代を支える心強い医療費助成制度

埼玉県では、「乳幼児医療費助成制度」により、子どもの入院や外来の医療費、さらに保険診療の自己負担分を助成しています。対象年齢は市町村によって異なりますが、吉川市では入院・通院ともに、15歳年度末まで助成を受けることができます。子どもは、急に体調を崩したり、遊んでいてケガをしたりと、なにかと医療機関のお世話になることも多いので、こういったサービスがあると助かりますね。

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP