武蔵野線沿線エリアコラム

首都圏をぐるりと回る武蔵野線沿線に広がる便利な街、越谷市・吉川市・三郷市

JR武蔵野線は「府中本町」駅から「西船橋」駅へ向かう路線で、東京都心から放射状に伸びる路線との接続駅が多いことが特徴だ。埼玉県東部エリア周辺でも、「南越谷」駅では東武スカイツリーラインと、「南流山」ではつくばエクスプレスと連絡し、1回の乗り換えで東京都心方面へアクセスできる。近年、「南越谷」駅から「三郷」駅周辺では、再開発や大型ショッピングセンターの開業が相次ぎ、一気に暮らしやすい街へと進化してきた。

新越谷駅東口
新越谷駅東口

武蔵野線の「南越谷」駅前には「新越谷」駅があり、古くから乗換駅として栄えてきた。「南越谷」駅、「新越谷」駅周辺には、「新越谷VARIE」や「ピアシティ」、「ダイエー」などショッピング施設も多く、住宅地としても人気が高い。

イオンレイクタウンmori
イオンレイクタウンmori

「南越谷」駅から1駅目の「越谷レイクタウン」駅周辺では、2008(平成20)年に新しい街「越谷レイクタウン」が誕生した。このニュータウンでは、「大相模調整池」を中心に水辺空間を生かした街づくりが行われていることが特徴で、カヌーなど水上スポーツを楽しむこともできる。「越谷レイクタウン」駅前には、国内最大級の規模を誇る大型ショッピングモール「イオンレイクタウン」があり、越谷市のみならず、周辺エリアからも多くの買い物客が訪れるようになった。

吉川美南駅
吉川美南駅

「越谷レイクタウン」駅から2駅目の「吉川美南」駅周辺も、近年の開発で暮らしやすい住宅地が誕生したエリアだ。「ケーズデンキ 吉川店」や「イオンタウン吉川美南」などのショッピング施設が続々とオープンを迎え、周辺エリアを含めて生活利便性が向上している。また「吉川美南」駅周辺では、子どもの遊び場として適した規模の公園も多数整備されている。とくに「美南中央公園」は吉川市内で最大規模の公園で、隣接する調整池には、水鳥をはじめ多くの動物が生息するなど自然観察も楽しめる。

ららぽーと新三郷
ららぽーと新三郷

吉川市の東に隣接する三郷市内では、武蔵野線開通前後から「みさと団地」や「さつき平団地」の開発が行われ、住宅地として発展してきた。その後、武蔵野操車場跡地の再開発で「新三郷ららシティ」が誕生。「新三郷」駅前には「ららぽーと新三郷」をはじめ、「イケア」や「コストコ」などの大型ショッピング施設が誕生し、武蔵野線沿線有数のショッピングゾーンにもなっている。テニスコートがある「早稲田公園」や「番匠免運動公園」、約7万ヘクタールという広さを誇る「三郷スカイパーク」など公園も多く、江戸川沿いの開放的な風景も楽しめる快適な住宅地として人気が高い。

生活の利便性と快適な環境を併せ持つ武蔵野線沿線の街。ファミリーを中心に、穏やかな暮らしを求める人々に注目されているエリアだ。

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP