つくばエクスプレスエリアコラム

未来的な電車が走るつくばエクスプレス沿線に新しい街が誕生した足立区・八潮市・三郷市

2005(平成17)年に開通したつくばエクスプレスは「秋葉原」駅から茨城県つくば市の「つくば」駅を結ぶ路線で、最高時速は130kmと東京都心を発着する鉄道路線としては速く、「秋葉原」駅から「つくば」駅までは快速利用で45分と所要時間が短いことも魅力となる。電車のデザインも未来的で、一部の車両にはWi-Fiが設置されているなど、先進的な電車だ。

つくばエクスプレス
つくばエクスプレス

つくばエクスプレスの始発となる「秋葉原」駅ではJRの山手線や総武線各駅停車などと接続。「北千住」駅でも東京メトロ千代田線や東京メトロ日比谷線と接続し、「東京」駅や「品川」駅、「大手町」駅、「銀座」駅など東京都心にもスムーズにアクセスできる。「新宿」駅方面には「秋葉原」駅の1駅手前の「新御徒町」駅で都営地下鉄大江戸線に乗りかえると便利だ。つくばエクスプレスの開業により、利便性が向上した沿線では大規模な宅地開発が行われ、ベッドタウンとして成長を遂げている。

六町駅
六町駅

「北千住」駅からつくばエクスプレスに乗って2駅目の「六町」駅周辺でも、周辺の都市インフラ整備が進められ、快適な住宅地に進化した。「六町」駅周辺にはスーパーマーケットやホームセンターなどのショッピング施設に加え、「足立区総合スポーツセンター」や「六町ミュージアム・フローラ」といったスポーツ・文化施設も揃い、充実した暮らしを実現できる。

八潮駅
八潮駅

つくばエクスプレスの「八潮」駅周辺は、それまで鉄道路線に恵まれなかった八潮市の玄関口として、大型ショッピング施設「フレスポ八潮」や駅直結のショッピング施設「TXアベニュー八潮」などが開業し、八潮市の暮らしを支えるエリアになった。一方で、八潮市内には緑豊かな公園が多く、市内を流れる川では野鳥を見ることができるなど、身近で自然を感じることができるのも魅力だ。中川周辺にはマリーナも多く、マリンレジャーの拠点にもなっている。

エムズタウン三郷中央
エムズタウン三郷中央

つくばエクスプレス沿線の三郷市内は水田が広がる田園地帯であったが、つくばエクスプレスの整備と同時に土地区画整理事業が行われ、快適な街が誕生した。「三郷中央」駅前には「エムズタウン三郷中央」「ホームズ 三郷中央店」「ヤオコー 三郷中央店」といったショッピング施設が充実。「クリニックステーション三郷中央」や「みさとしらゆり保育園」、「三郷市わくわくライブラリー」といった暮らしに便利な施設も多い。計画的な街づくりが行われたため、子どもの遊び場に適したサイズの公園が多いこともファミリーには注目したいところだ。

近年の都市インフラ整備で生活関連施設が充実したつくばエクスプレス沿線は、今、東京都心に近い住宅地としてファミリー世代を中心に人気が集まっている。


※2015(平成27)年9月時点の情報です。

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP