2017年 お正月・初詣特集

埼玉の初詣スポットやお正月の注目イベントを紹介します!!

毎年の初詣。今年はどこに参拝するか決まりましたか。家に一番近い地元の神社に訪れるも良し、除夜の鐘を突きに出かけるも良し、電車に乗って人気の場所に足を延ばすのも良し。今回は、埼玉の初詣スポットをいくつかご紹介します。

越谷の神社仏閣で年越しと年初め。名物“虹だんご”もおすすめ。

釣鐘※画像はイメージ
釣鐘※画像はイメージ

「眞大山大聖寺」は越谷最古の寺といわれ、関東三大不動のひとつに数えられる格式高いお寺。1715(正徳5)年に建立されたという山門は、越谷市の有形文化財に指定されています。山門の右側には阿形像(あぎょうぞう)が、左側には吽形像(うんぎょうぞう)が建っているのも迫力いっぱいですよ。正面額字の山号「眞大山」は、寛政時代の老中松平定信の筆と言われていますし、1835(天保6)年建塔の百庚申塔や、樹齢500年のタブノキもあり、見ごたえ充分です。「眞大山大聖寺」では、大晦日の夜になると参道に灯りが灯され、ライトアップされた仁王様はさらに迫力満点です。そして、深夜、年が変わると“ナイアガラの滝”という50mほどの花火に火がつけられ、盛大に年越しを祝います。

団子※画像はイメージ
団子※画像はイメージ

ところで、“虹だんご”をご存知ですか。「眞大山大聖寺」境内の山門近くにある家康ゆかりの茶店でいただける名物団子です。毎朝早くから仕込んだお餅は柔らかくてコシがあり、噛むほどにお米の風味が出てきます。冷めても美味しいのも特徴ですが、注文を受けてから焼きあげているので、外はカリッと香ばしく中はふんわりモチモチです。大晦日の夜は年を越して深夜2時頃まで、お正月も朝10時から休まず営業しており、初詣とともにぜひ、味わいたい一品です。

「久伊豆神社」の本殿
「久伊豆神社」の本殿

一方、「久伊豆神社」は北越谷随一のパワースポットです。県の天然記念物にも指定されている樹齢200余年の藤の木は株回りが7m以上にもわたる大木で、一見の価値があります。また、150mほど続く参道の先にはずっしりとした鳥居がそびえたっています。20年ほど前に「伊勢神宮」から譲り受けた古木で建立されたものだそうです。そのほかにも「三ノ宮卯之助の力石」と呼ばれる大石や、国学者・平田篤胤の仮寓跡とされる「松声庵」や本殿を囲む立派な回廊など見どころがいっぱいです。「久伊豆神社」では、1月1日にはお神楽、2日にはお琴演奏、3日には和太鼓演奏が催されます。焚き上げも1日から3日まで行っているので、古い御神札や御守などがあったら持って出かけましょう。

春日部で初詣、ユニークなおみくじで1年を占う

「春日部八幡神社」の本殿
「春日部八幡神社」の本殿

「春日部八幡神社」は、春日部市でも一番大きな神社。1982(昭和57)年に御鎮座六百五十年祭が行われ、その際に薪能が奉納されて以来、1年おきに薪能が演能されていることでも知られています。「春日部八幡神社」に初詣に出かけたなら、招き猫おみくじがおすすめです。おみくじと一緒に7色の招き猫が入っていて、金色は金運・商売繁盛、赤色は魔除け・家内安全、緑色は身体健全・学業成就など、色によってご利益が異なります。何色の招き猫が入っているかワクワクしながら試してみてはいかがでしょうか。

「草加神社」の本殿
「草加神社」の本殿

「草加神社」でも変わったおみくじがあります。縁起物の絵巻シール入りの「万福みくじ」や「健康みくじ」「ふくろうみくじ」などいくつも種類があるので、どのおみくじを引こうか悩んでしまいますね。

縁日で有名な「西新井大師」

「西新井大師」の本殿
「西新井大師」の本殿

埼玉県から出ますが、東武大師線「大師前」駅から徒歩5分の「西新井大師」もおすすめです。初詣には例年50万人もの人が訪れる都内でも有数の人気を誇る初詣スポットです。「西新井大師」の初詣は、大晦日から元旦にかけて夜通し開門していて元旦の午前0時に本堂が開扉され、お参りが始まります。元旦は24時まで2日と3日は23時まで、7日までは22時までの参拝が可能です。元旦は新年初めて迎える弘法大師様の縁日も開催され、朝早くから、街商や達磨などの縁起物を売る露店が立ち並びます。初詣と縁日、両方を贅沢に楽しめますよ。

七福神めぐりのおすすめコース

image photo
image photo

埼玉県内ではさまざまなところで「七福神めぐり」を楽しめます。「草加宿七福神」は「草加」駅を起点に徒歩で気軽に巡れるルートで、好きな順番に寺社をまわってスタンプを集めるスタンプラリー形式の「七福神めぐり」です。1月3日には「東福寺」の境内において先着500名に甘酒のおもてなしもありますよ。ほかにも「三郷七福神」では24の寺社が参加していて、3つのコースがあります。いずれも、「三郷中央」駅からスタートでき、「みさと公園」に向かって南下していく「八木郷戸ケ崎めぐり」、中川沿いに「新三郷」駅までを結ぶ「彦成めぐり」、「三郷」駅までを結ぶ「早稲田めぐり」があります。

埼玉の注目の初詣スポット、いかがだったでしょうか。家族皆で集まり、2017(平成29)年の幸せを願ってお参りしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP