かすかべ押絵羽子板と特産品まつり/12月21日(木)~23日(土・祝)

匠の技で描き作り上げた「押絵羽子板」をはじめ、約300年の歴史と伝統を誇る小さな名品「桐箱」、労働帽子からおしゃれな高級帽子へと進化した「麦わら帽子」、経済産業大臣指定の伝統的工芸品「桐箪笥」といった春日部の特産品がずらりと並ぶ、春日部の冬の風物詩です。
当日は本物の職人が作り上げた最高級品が直接販売されるだけでなく、「職人の技」を間近で見ることができる実演コーナーや、お子さん向けの「お絵描き羽子板コーナー」、昭和から平成の「世相・変わり羽子板」の展示、高さ約3mのジャンボ羽子板の展示なども行われます。新しい年を目前に控えたこの時期、日本の伝統に触れられるイベントへ、家族で出かけてみませんか。

かすかべ押絵羽子板と特産品まつり
【日時】2017年12月21日(木)~23日(土・祝) 10:00~19:00 ※最終日23日は17:00まで
【場所】春日部駅東口改札前
http://www.kasukabe-tokusan.jp/(春日部市特産品協議会)

※このイベント情報は変更になる可能性がありますので、事前にご確認の上おでかけ下さい。

詳細地図

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP