「草加市⼦育て⽀援センター」インタビュー Vol.1

子育て世代を総括的にサポートする「草加市子育て支援センター」

子育てする世代を総括的にサポートすることを目的に、2010(平成22)年に「松原団地(現.獨協大学<草加松原>)」駅前にオープンした「草加市子育て支援センター」。子育て支援コーディネーターやケースワーカーなどが常駐し、育児中のママたちと子どもたちを全力で応援している。今回は、子育て支援センターの主幹(兼)企画係長の廣川さんと子育て支援コーディネーターの松本さんに、支援センターの概要とこの街の魅力について尋ねた。

子育て支援センター
子育て支援センター

――子育て支援センターの概要について教えてください。

廣川さん:このセンターは、「子育て全般の支援と子どもの発達支援の拠点」を目的に2010(平成22)年にオープンしました。2階には3歳までの子どもとその保護者が自由に遊べる広場「ろけっと」と子どもに関する相談ならどんなことでも受け付ける総合相談センターがあり、3階には発達支援センター診療所と児童デイサービスセンターがあります。発達支援センターには小児科医師や臨床心理士などが常駐して発達に心配のあるお子さんの個別療育を、児童デイサービスセンターでは少人数での集団療育をそれぞれ行っています。

――広場の「ろけっと」について教えて頂けますか。

廣川さん:「ろけっと」は4歳のお誕生日前までのお子さんと保護者の方であれば、月曜日~金曜日の8時30分~16時まで無料で利用していただけます。予約不要で、いつ来てもいつ退出しても大丈夫なので気軽に来てほしいですね。広い部屋にはおもちゃやボールプール、絵本コーナーなどがあり、10時~16時の間は、常時2名のボランティアスタッフがいてお子さんを一緒に見守ります。もちろん授乳コーナーがあり、オムツ替えもできるので、お出かけの前にちょっと立ち寄るというママさんもいますよ。

つどいの広場「ろけっと」
つどいの広場「ろけっと」

12時~13時は広場にテーブルを出して、持参したお昼を食べる時間になっています。新しくお友だちになった人同士でテーブルを囲むこともあれば、のんびり親子で食べる方もおり、自由な雰囲気でランチタイムを過ごしているようです。

――普段、ママからの相談ごとはどういうものがありますか?

松本さん:相談全体の約8割が4歳未満の乳幼児期のお悩みですね。「体重が増えない」といった発育の問題から、「離乳食のスタート時期は?」といった食事の相談や「人見知りをして困る」といった発達や成長に関する相談、その他にも「トイレトレーニングはいつから始めるべき?」など、寄せられる相談やお悩みは多岐に渡ります。他にもプレママさんや、子どもが小中高校生など大きくなった方からの質問などもたくさん寄せられます。

コーディネーター間の連携も大切
コーディネーター間の連携も大切

ママの中には「こんな小さなことで相談していいの?」と思っている人や「相談したいけど相談場所がわからない」と言う人が多いと思います。そんな時は気軽に私たちコーディネーターに相談してみてください。世間話をするような感覚で私たちに話しかけていただければ、育児のアドバイスや必要な情報提供ができると思います。小さなことでも積み重なると大きなストレスにしまいます。小さな悩みから解決することが大切なので、気軽に声をかけてください!

――行事などもあるのでしょうか。

廣川さん:つどいの広場のスタッフや支援団体の皆さんによる読み聞かせを月・木曜日に行っています。また、年に1回開催される「子育てフェスタ」は2階~3階全てを使って行う大規模なイベントで、2階ではゲームの部屋や工作の部屋など体験型の部屋のほか、赤ちゃんの部屋など、年齢・月齢に合わせた企画が行われます。

3階では「ベビーマッサージ」や「骨盤体操」「英語手遊び」「人形劇」などの体験型の講座などのママたち向けのイベントも開催されます。オープン以来、毎年開催しています。

――赤ちゃん連れ・子ども連れで出かけるのにおススメの場所を教えてください。

松本さん: 草加市には0~3歳の親子が遊べる“つどいの広場”が9ヵ所あり、児童館が5ヵ所と赤ちゃん・子ども連れで遊びに行かれる場所が充実しています。また、少し足を伸ばすと、「越谷レイクタウン」駅のイオンレイクタウンや「新三郷」駅のコストコや、ららぽーとも広々としているので、子連れでゆったりショッピングができママたちのリフレッシュの場になっているようですよ。

赤ちゃん向けのスペース
赤ちゃん向けのスペース

また、当センターの子育て支援コーディネーターが随時情報をアップしている子育てサイト「ぼっくるん」にも情報が沢山載っているので、参考にして頂けると思います。行政の情報や制度のみならず民間のお出かけ情報などもあり、子育てに関する各施設情報を地図で示した「子育てマップ」、交流コミュニティの「Hanaそうか」、投稿ページの「子育てプラス+」、そのほかイベントスケジュールなど育児中のママに役立つ情報をたくさん掲載しており、またカテゴリーごとに情報が細分化されているので、知りたい情報がすぐに見つかるようになっています。

草加市 子育て支援センター
草加市 子育て支援センター

草加市 子育て支援センター

今回お話を聞いた人

草加市子育て支援センター
主幹(兼)企画係長 廣川純代さん
子育て支援コーディネーター 松本明美さん
住所:埼玉県草加市松原1-3-1
TEL:048-941-6791
URL:http://www.soka-bokkurun.com/
※この情報は2017(平成29)年3月時点のものです。

ユトリテラス 越谷
ユトリテラス 越谷

埼玉県 越谷市 ユトリテラス 越谷

NEW 駐車場2台以上

■敷地面積124㎡以上。カースペース2台標準。 ■東越谷1丁目。元荒川の近くで公園も点在し、子育て世代にはうれしい住環境。 5/20(土)・21(日)AM11:00~PM5:00モデルハウス内覧会を開催いたします!

住所
埼玉県越谷市東越谷1丁目12番32(地番)他
交通
東武スカイツリーライン 越谷駅より徒歩14分 もしくは バス5分 産業雇用支援センターバス停より徒歩5分
販売価格帯
4480万円・4550万円
建物面積
98.74m2~102.47m2
土地面積
124.69m2~126.02m2
販売戸数
2戸
THE CRESTVILLA 南越谷
THE CRESTVILLA 南越谷

埼玉県 越谷市 THE CRESTVILLA 南越谷

NEW LDK15畳以上 駐車場2台以上

■南越谷3丁目。 ■駅チカの利点もありながら、小・中学校が徒歩圏内にあり、子育て世代にうれしい住環境。 ■カースペース2台標準にサイクルスペースも確保。

住所
埼玉県越谷市南越谷3丁目684-2の一部(地番)他
交通
東武スカイツリーライン 新越谷駅より徒歩7分/JR武蔵野線 南越谷駅より徒歩7分
販売価格
6580万円
建物面積
128.83m2
土地面積
132.47m2
販売戸数
1戸
Be-ism STAGE越谷
Be-ism STAGE越谷

埼玉県 越谷市 Be-ism STAGE越谷

NEW 駐車場2台以上

東武スカイツリーライン「越谷」駅徒歩9分。 小学校徒歩10分。 家族みんなに嬉しい住環境。 南側の前面道路は通り抜けができず子どもも安心。プライベート感が高まり、コミュニティも深まります。

住所
埼玉県越谷市宮本町2丁目118番6(地番)他
交通
東武スカイツリーライン 越谷駅より徒歩9分 もしくは バス4分 宮本町1丁目バス停より徒歩2分
販売価格帯
4180万円・4330万円
建物面積
100.88m2~106.07m2
土地面積
102.25m2~108.66m2
販売戸数
2戸

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP