草加・三郷・越谷・春日部、まとめて4エリアのおでかけスポットをご紹介します!

都心への通勤圏内であることから、住宅地としても人気の草加・三郷・越谷・春日部エリア。遊べて楽しめるスポットが多いこのエリアには、週末は遠方からも人々が集まる人気エリアとなっています。自然と触れ合える環境に恵まれ、日常使いにも心強い大型商業施設が立ち並ぶこの4エリアの、魅力的なおでかけスポットをまとめてご紹介します!

草加エリア

千本松原を横目にRun!

「草加松原遊歩道」
「草加松原遊歩道」

草加市のほぼ中央には、南北に「綾瀬川」が流れています。綾瀬川沿いには、松並木が1.5kmに渡って続く、国指定の名勝「草加松原」があります。綺麗に整備された「草加松原遊歩道」は、「日本の道100選」にも選定されているほどに四季を通じてとても美しく、散歩やジョギングに最高です。さらに綾瀬川では、草加市の新たな体験型観光として、和舟の乗船体験を月1回行っています。なんと、乗船料は無料!川面から眺める草加松原は、これまで味わったことのない草加の魅力が味わえると評判のようです。


親子で行ける図書館♪

「草加市立中央図書館」
「草加市立中央図書館」

また、綾瀬川の左岸には、水遊びが満喫できる「綾瀬川左岸広場」があり、噴水広場での水遊びはもちろん、木で出来た遊具でも遊べて、春には桜並木まで堪能できてしまうという充実ぶり!他にも近くには、「草加市文化会館」と「草加市民体育館」に隣接している「冒険松原あそび場<松原緑地(草加市文化会館横)>」があります。木登り・穴掘り・水遊び・たき火をしたり、工具や廃材・ロープなどを利用することによって、子どもが自ら好奇心を追求し、創意工夫を重ねることができるという成長型アウトドアスポット!すぐ近くの「獨協大学前」駅の西側には、親子連れでも楽しめるようにと積極的な活動に取り組んでいる「草加市立中央図書館」もあるので、たくさん体を動かして遊んだ後などに、家族で立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


三郷エリア

東京ドーム3.6個分の面積!

水辺の「みさと公園」
水辺の「みさと公園」

三郷の公園といえば「みさと公園」!「小合溜井(こあいだめい)」という用水池に沿って広がる、水辺の緑の公園です。を有する広大な敷地内では、大きな木製遊具の「アスレチックの砦」とバーベキュー広場が大人気!自由広場の芝生でゆっくりお弁当を広げて、家族団らんのひとときを過ごすのもおすすめです。また、変わったところでは、毎週家族みんなで「畑づくり」をしてみる、なんていかがですか?「シェア畑 みさとだんちファーマーズガーデン」では、専任の「菜園アドバイザー」が皆さんの美味しい野菜作りをサポート!農具・資材・種・苗などの他、水道やアウトドアラウンジも整備されていて、楽しい「食育ライフ」を始めるきっかけになるかもしれません。


週末はイベントも♪

「ららぽーと新三郷」
「ららぽーと新三郷」

さらに、近くには遊びどころ満載の大型複合施設「ららぽーと新三郷」や、低価格とデザインの良さが大人気の「IKEA新三郷」。激安の会員制倉庫型店「コストコ新三郷倉庫店」があり、この3店舗は無料循環シャトルバスで連絡していますので、毎回バリエーションに富んだ遊び方が楽しめます!


地域文化のつながり発信地

「ピアラシティ中央公園・三郷市立ピアラシティ交流センター」
「ピアラシティ中央公園・三郷市立ピアラシティ交流センター」

1日中楽しめる!

大人と子供の遊園地「ピアラシティみさと」
大人と子供の遊園地「ピアラシティみさと」

三郷市の新市街「ピアラシティ」は中央公園と交流センターが一緒になっている施設です。公園には綺麗に整備された芝生広場があり、こどもあそびひろばにはローラー滑り台や様々な遊具、夏にはじゃぶじゃぶ池も!ほど近くにある「ピアラシティみさと」は埼玉県内でも有数の規模となる商業施設で、県内最大級である「イトーヨーカドー三郷店」や、大型・最新鋭シネマコンプレックスである「MOVIX三郷」、大型ホームセンターの「スーパービバホーム」から天然温泉施設の「湯けむり横丁 みさと」まで並んでいて、パパもママも大満足の空間です。雨天時には「県内最大級の子ども専用の屋内遊園地!」をうたう「キッズキャッスル三郷」もあるので、安心して遊ぶことができます。


越谷エリア

日本最大・アジア有数の大規模SC!

「イオンレイクタウン」kaze
「イオンレイクタウン」kaze

越谷には、人と自然に「心地いい」をコンセプトに開発された、日本最大のエコ・ショッピングセンター「イオンレイクタウン」があります。湖のほとりに広がる、緑豊かな22万4000㎡もの敷地。子供専用美容室「キッズヘア チョッキンズ」や、遊具+ショップ+ファストフードを併設した家族で遊べるエンターテインメントスポット「モーリーファンタジー」など、パパ、ママ、そしてキッズの専門店も多数あって、1日じゃとても遊びきれません!


未体験ゾーンへGO!

最新のVRを体験できる「VR CENTER」
最新のVRを体験できる「VR CENTER」

2016年10月には、日本最大級の常設型“VRアミューズメント”店舗「VR CENTER」がオープン。VR(バーチャル リアリティ)とは、仮想現実/人工現実感と言われ、HMD(へッドマウントディスプレイ)を 装着し、これまでに体験したことのない世界へ飛び込むことができます。13歳以上から利用可能の未体験ゾーンです。


子どもたちの笑い声が響き渡る♪

「鷺高第五公園(キャンベルタウン公園)」
「鷺高第五公園(キャンベルタウン公園)」

絶景の花見ポイント

「元荒川桜堤」
「元荒川桜堤」

緑豊かな「鷺高第五公園(キャンベルタウン公園)」には、コンビネーション遊具やブランコ、ウォールクライミング、滑り台、じゃぶじゃぶ池などがあり、子供たちが元気いっぱいに走りまわっています!「鷺高第五公園」の西側、スカイツリーラインを超えると元荒川が流れていて、川沿いには「北越谷第五公園」や「越谷梅林公園」があります。「越谷梅林公園」では3月に梅まつりを開催。北越谷第五公園から大沢橋まで、元荒川沿いに続く約2kmの間には約350本のソメイヨシノが連なる桜並木があり、越谷を代表する桜の名所として知られています。夜間(日没から21時)はライトアップされ幻想的な夜桜が楽しめるので、今から花見の季節が待ちきれなくなってしまいそうです。


春日部エリア

アスレチックが目玉

「内牧公園」
「内牧公園」

総延長約1kmの藤棚に彩られたふじ通りで行われる「春日部藤まつり」や、100畳敷の大凧が江戸川の大空を舞う「大凧あげ祭り」などの多彩なイベントが活気を呼び込んでいる春日部ですが、今回は埼玉県内でもアスレチックの充実度が高い「内牧公園」をご紹介!木々の中には10以上ものフィールドアスレチックがあり、ロングローラースライダー、じゃぶじゃぶ池、内牧サイクリングロード、園内を流れる小川ではザリガニ取りまでできちゃいます。公園周辺には果樹園がたくさんあって、ぶどう、柿、梨、プラム、キウイフルーツなど色々な果物の収穫体験までできてしまい、その敷地の広さに驚いてしまいました。駐車場も広く、朝から夕方まで一日中安心して遊べるナイススポットです!春には桜の名所としても知られているようなので、要チェックですね。


1日じゃ遊びきれない!

家族連れが多い「イオンレイクタウン」内
家族連れが多い「イオンレイクタウン」内

いかがだったでしょうか?草加・三郷・越谷・春日部、まとめて4エリアのおでかけスポットをご紹介しました。こんなにも家族で遊べるスポットが盛りだくさんに密集しているエリアというのは全国的に見ても珍しいのではないでしょうか。「遊んでも遊んでも遊びつくせない!」そんな嬉しい(?)悲鳴が、今日もこのエリアからは聞こえてくるようです。

おすすめ一戸建て

PAGE
TOP