歴史ある氷川参道の入り口

氷川参道・一の鳥居

氷川参道・一の鳥居
氷川参道・一の鳥居

関東一帯の「氷川神社」の総本社、「大宮氷川神社」の参道である「氷川参道」。埼玉県の木であるケヤキを中心とした約700本に覆われた南北約2㎞の緑道は、さいたま市の歴史・文化的資産であり、都心部に残された貴重な空間である。神社境内と拝殿までの長い道のりは、さいたま市の中心部にある「一の鳥居」から始まる。宿場町・大宮を通っていた中山道と参道との分岐点を示していた鳥居でもある。

JR「大宮」駅東口から「氷川参道」の「一の鳥居」までは、徒歩でおよそ10分ほど。ロータリーを越えて「大宮タカシマヤ」の前を直進すると、左側に見えてくる。「大宮」駅東口から出ているバスに乗って「氷川参道」で下車してもいい。

氷川参道・一の鳥居
所在地:埼玉県さいたま市大宮区吉敷町 
http://www.city.saitama.jp/001/010/015/0..

詳細地図