所沢市東町に暮らす

所沢市は埼玉県西部の中核都市として古くから栄え、「所沢航空記念公園」や狭山丘陵など緑も身近で暮らしやすい住宅地として人気が高い。なかでも所沢市東町は西武池袋線と西武新宿線が交わる「所沢」駅の北西に広がるエリアで、駅までのアクセスがよく、都心へ周辺都市の交通の便に優れている。また、「イオン 所沢店」や「所沢プロペ商店街」、「西武 所沢店」といったショッピング施設にも恵まれている。

江戸時代から交通の要衝、商業の中心として発展

現在の所沢市内には、武蔵国国府があった今の東京都府中市から上野国国府を結ぶ「東山道武蔵路」が通っていた。鎌倉時代になると、この道は幕府と地方を結ぶ「鎌倉街道上道」の一部となり、当時の幹線道路の役割を担うことになる。

かつての江戸道のルートに広がる「所沢プロペ商店街」
かつての江戸道のルートに広がる「所沢プロペ商店街」

江戸時代には、江戸から秩父へ向かう江戸道(現・所沢街道)も整備された。「所沢」駅西口駅前の商店街「プロペ通り」はかつての江戸道の一部で、江戸道と鎌倉街道が交わる元町周辺には宿場街が形成されていたという。江戸時代の所沢では、元町の宿場を中心に市が立ち、のちに「三八の市」となって第二次世界大戦終戦頃まで続いていた。この「三八の市」で盛んに取引され、有名になった織物が「所沢織物」だ。

1911(明治44)年、現在の所沢市の北側に日本初の航空機専用飛行場「所沢陸軍飛行場」が完成し、航空機の研究開発の拠点になった。「所沢陸軍飛行場」は終戦後に米軍に接収されたのち、1971(昭和46)年に一部が返還され、跡地には「所沢航空記念公園」や「所沢市立所沢図書館本館」、「所沢市役所」といった公共的な施設が整備された。

再開発でより便利で快適な街に

「西武 所沢店」などが入る「ワルツ所沢」
「西武 所沢店」などが入る「ワルツ所沢」

近年、「所沢」駅周辺では再開発が行われ、より暮らしやすい街へと進化した。1986(昭和61)年には「所沢」駅西口駅前の再開発が完成。「西武 所沢店」などが入る「ワルツ所沢」がオープン。銀座通り周辺でもマンション開発が盛んに行われ、これらのマンションの低層部には古くからの商店に加え、スーパーマーケットやスポーツクラブ、公共施設などが入り、周辺に暮らす人々の利便性も向上した。

家族連れに人気の「トコニワ」
家族連れに人気の「トコニワ」

2013(平成25)年には「所沢」駅の自由通路設置やバリアフリー化などリニューアルが完成し、キッズトイレや西武鉄道の駅では初となる「授乳室」が備えられるなど、駅の利用や電車の乗り換えが便利になった。また、駅ナカ店舗「Emio所沢」が開業したほか、リフレッシュスペース「とこてらす」や屋上庭園「トコニワ」もオープンした。

「所沢」駅から「池袋」駅と「西武新宿」駅にダイレクトアクセス可能

交通アクセスの利便性も東町の魅力だ。最寄りの「所沢」駅からは西武池袋線と西武新宿線の2路線が利用でき、西武池袋線なら「池袋」駅へ直通23分、「西武新宿」駅には直通29分と東京方面へのアクセスもよい。西武池袋線には東京メトロ有楽町線や東京メトロ副都心線に直通する電車もあり、「有楽町」駅や「銀座一丁目」駅、「新宿三丁目」駅、「渋谷」駅などにも乗り換えなしで移動できる。

「所沢」駅からは「羽田空港」や「成田空港」に向かう直通バスがあり、飛行機を使った旅行の際も便利。「池袋」駅からは「所沢」駅へ向かう深夜急行バスもあり、終電に乗り遅れた時も安心だ。

エリア周辺には所沢入間バイパスや浦和所沢バイパスなどの幹線道路が多く、自動車の利用もしやすい。浦和所沢バイパス沿いには関越自動車道「所沢」ICもあり、高速道路にも短時間でアクセスできる。

充実したショッピング施設と、さらに利便性高まる東町

東町五丁目にある大型スーパーマーケット「イオン 所沢店」
東町五丁目にある大型スーパーマーケット「イオン 所沢店」

買い物環境もよい。東町周辺には「イオン 所沢店」や「西友 所沢駅前店」、「所沢プロペ商店街」など多彩なショッピング施設が揃っている。また、「西武 所沢店」は2017(平成29)年5月にリニューアルオープンし、ファッションの色濃い百貨店から日常の買い物色が強い店舗へと変身した。それまで1階にあった婦人服売り場などをなくし、地下1階とともに食品売り場となったのだ。地元で人気のベーカリーやビール工房なども入り、毎日の食卓を潤している。

東町では、さらに再開発も進行している。ファルマン通りの南東の角、日東地区と呼ばれるエリアにおいて、住宅やショッピング施設が併設するビルが2021年3月頃に誕生する予定だ。29階建てのビルで、1階から3階は商業施設や業務施設、4階から上は155戸の住宅とする計画だ。また周辺では、併せて都市計画道路の整備やファルマン通り交差点の改良工事も行われる予定で、交通がよりスムーズになることも期待される。

「所沢」駅周辺で続々と進む再開発

グランエミオ所沢外観
グランエミオ所沢外観

「所沢」駅では、東口周辺において大規模の再開発が進められてきた。2018(平成30)年3月には駅ビル「グランエミオ所沢」が第1期オープン。日常生活に欠かせない食品・日用品をはじめ、トレンド発信、ファッション、ライフスタイル、カルチャー、公共施設といった多彩な施設が入っている。さらに2020年夏には第2期オープンをひかえており、「所沢」駅の東西を一体とした一大商業施設が誕生する予定だ。

また、「所沢」駅西口、「ワルツ所沢」の西側でも開発が進んでいる。かつての「西武鉄道所沢車両工場」の跡地や住宅が密集するその周辺におけるもので、一体的な街づくりが計画されている。既に複合ビルの建設がはじまっており、2021年1月下旬の完成を目指している。29階建てで1階と2階がショッピング施設、3階が駐輪場、4階から上が住宅になる予定だ。

子育て施設や公園・緑地も身近

明治時代開校という伝統を誇る「所沢市立所沢小学校」
明治時代開校という伝統を誇る「所沢市立所沢小学校」

子育ての場としても魅力が多い。エリア周辺には「所沢富士幼稚園」や「所沢第一文化幼稚園」、「所沢市立所沢保育園」、「わかたけ元町保育園」など幼稚園・保育園が充実。

学区の「所沢市立所沢小学校」は1873(明治6)年に開校した伝統校という点もポイントになる。所沢市放課後支援事業「ほうかごところ」が最初に行われた学校でもあり、これは放課後の子どもたちの安全・安心な居場所づくりとのびのびとした成長の支援という観点から開設された。小学校に通う子どもたちを対象に、学校を開放し、放課後支援員やボランティアによって見守られた、安全で安心な居場所を確保している。加えて、NPO法人 所沢市学童クラブの会が運営する所沢学童クラブ「くれよん」も校内にあるため、両方に登録している児童も多い。

広大な敷地を誇る「所沢航空記念公園」
広大な敷地を誇る「所沢航空記念公園」

東町は、ファミリーで楽しめるスポットにも恵まれている。広大な敷地を誇る「所沢航空記念公園」では緑を満喫できるほか、敷地内には「所沢航空発祥記念館」もある。少し足を伸ばせば、狭山丘陵でのハイキングや「西武園ゆうえんち」など休日の楽しみは尽きない。

埼玉県有数のターミナル「所沢」駅最寄りという利便性に加え、自然にも恵まれた所沢市東町。再開発による、さらなる発展も期待されており、便利な暮らしが楽しめる注目の街と言えるだろう。