エリア概要コラム

「浦和」駅周辺のショッピング施設や公共施設が身近で暮らしやすいさいたま市浦和区瀬ヶ崎

さいたま市浦和区瀬ヶ崎はJR京浜東北線「北浦和」駅の東に位置する。エリア周辺は閑静な住宅街で住環境に恵まれながら、買い物や電車の利用がしやすい暮らしの利便性に恵まれた街だ。

埼玉県、さいたま市の行政の中心で、文教の街としても発展

さいたま市浦和区はかつての浦和市にあたる。旧浦和市は埼玉県の県庁所在地として発展し、今も「浦和」駅周辺には「埼玉県庁」や「さいたま市役所」などが集まり、埼玉県やさいたま市の行政の中心として機能している。

埼玉県立浦和高等学校
埼玉県立浦和高等学校

旧浦和市は明治初期に「埼玉県師範学校(後の埼玉大学教育学部)」がおかれたことから、文教の街としても発展を遂げた。現在も埼玉県内トップレベルの公立高等学校として知られる「埼玉県立浦和高等学校」や「埼玉県立浦和第一女子高等学校」をはじめ、さいたま市立の中高一貫校として人気の「さいたま市立浦和中学校・高等学校」など多くの教育機関が集まっている。

東京都心のターミナルにスムーズにアクセス

瀬ヶ崎に暮らすことを考えると交通アクセスの利便性は大きな魅力となるだろう。エリアからは「浦和」駅や「北浦和」駅に向かうバスがあり、スムーズに電車に乗ることができる。とくに、通勤時間帯には多くのバスが運行され、待ち時間が少ないこともうれしい。

浦和駅
浦和駅

「浦和」駅に出れば、JR宇都宮・高崎線、JR湘南新宿ライン、JR京浜東北線を利用できる。JR宇都宮・高崎線やJR京浜東北線で「東京」駅や「品川」駅、JR湘南新宿ラインで「新宿」駅や「渋谷」駅と東京都心のターミナル駅へダイレクトアクセスできる。

「浦和」駅周辺のショッピング施設も気軽に利用できる街

ムカサストアー
ムカサストアー

瀬ヶ崎は買い物の利便性も高い。エリア内には地域密着型のスーパーマーケット「ムカサストアー」があり、日常の買い物を身近で済ませることができる。

浦和PARCO
浦和PARCO

「浦和」駅周辺には「伊勢丹 浦和店」、「浦和PARCO」など大型ショッピング施設をはじめ、「イトーヨーカドー 浦和店」といった大型スーパーマーケット、商店街「なかまち商店街」、「さくら草通り」があり、多彩な買い物を楽しめる。

高架化や再開発でさらに便利な街へ

近年、「浦和」駅周辺では都市インフラ整備が積極的に行われ、街の姿が大きく変化した。2013(平成25)年には「浦和」駅周辺の高架化が完了。2015(平成27)年には高架下に「アトレ浦和」がオープンし、「ザ・ガーデン自由が丘 浦和店」や「浦和 蔦屋書店」など人気のショップに加え、保育施設「ココファン・ナーサリー 浦和」、住民票や戸籍の発行などを行う「さいたま市浦和駅市民の窓口」も入り、暮らしのあらゆる場面で利用できる施設になった。

建設中の(仮称)浦和駅西口駅ビル
建設中の(仮称)浦和駅西口駅ビル

現在も地上6階、地下1階の「(仮称)浦和駅西口駅ビル」の建設工事が進められている。ここは1階から3階が「アトレ浦和」の一部として利用されるほか、4階から6階はスポーツクラブ「ジェクサー」となる予定だ。

また、「浦和」駅の西口側でも「浦和駅西口南高砂地区再開発」が計画中。現時点の計画では地上27階、地下3階の建物を整備する予定になっており、下層階にはショッピング施設も入るという。これらの施設が完成すれば、瀬ヶ崎の暮らしもさらに便利になるだろう。

サッカーの街、浦和

駒場運動公園競技場(浦和駒場スタジアム)
駒場運動公園競技場(浦和駒場スタジアム)

浦和はサッカーJリーグの「浦和レッズ」のホームタウンで、サッカーの街としても知られている。瀬ヶ崎の南にある「駒場運動公園競技場(浦和駒場スタジアム)」はかつて「浦和レッズ」のホームスタジアムとして利用されており、レッズファンには聖地的な存在だ。今も「浦和」駅付近には「浦和レッズ」のオフィシャルショップ「レッドボルテージ」があり、試合のある日は街全体が熱気に包まれる。

また、瀬ヶ崎周辺には「さいたま市青少年宇宙科学館」や「埼玉県立近代美術館」など文化施設も多く、休日の楽しみは尽きない。

東京都心へのアクセスに恵まれ、買い物の利便性も高いさいたま市浦和区瀬ヶ崎。この街ではオンもオフも充実した暮らしを楽しめそうだ。