お役立ちスポット満載の埼玉県内初「アトレ」

アトレ浦和

アトレ浦和
アトレ浦和

「アトレ浦和」には、大きく3つのエリアがある。2015(平成27)年に先行開業した「South Area」「North Area」に加え、2018(平成30)年に「West Area」がオープン。地上7階建の「JR浦和駅西口ビル」のうち、1階から4階が「West Area」にあたる。

2018(平成30)年に開業した「JR浦和駅西口ビル」。「West Area」が入る
2018(平成30)年に開業した「JR浦和駅西口ビル」。「West Area」が入る

1階には浦和レッズの公式ショップ「レッドボルテージ」が、浦和区仲町から移転しリニューアルオープンした。ユニフォームやタオルなどの定番グッズはもちろん、お菓子や生活雑貨まで販売。真っ赤に染まったショップ前の地下通路(愛称「URAWA SOCCER STREET」)では、デジタルサイネージでさいたま市やレッズの情報が配信されている。

移転オープンした「レッドボルテージ」
移転オープンした「レッドボルテージ」

2階の「キハチ カフェ」をはじめ、3階には壁面がガラス張りの「ベーカリーレストラン サンマルク」など複数のグルメショップが入る。4階にはエステやサロンの店舗があり、リラックス空間になっている。

「West Area」2階の「キハチ カフェ」
「West Area」2階の「キハチ カフェ」

「West Area」の館内は暖色系の照明に包まれ、所々に木材を使ったデザインでリラックスしながら買い物を楽しめる。象徴的な場所がトイレで、清潔感のある空間は、まるで高級ホテルの様に居心地がいい。見えないところにも手の行き届いたこだわりが現れている。

きれいなトイレ
きれいなトイレ

「North Area」には、夜遅くまで営業している「浦和 蔦屋書店」がある。「浦和」駅の北口から直結しており、「スターバックス」でドリンクを購入し、ゆっくりと読書を楽しむことも可能だ。仕事帰りや週末をここで過ごす地元の人も多いそう。外の高架下には飲食店が並んでいる。

「浦和 蔦屋書店」
「浦和 蔦屋書店」

「South Area」は食品売り場が充実。1階には、鮮度抜群の野菜を仕入れる「京都 八百一」をはじめ、スーパーマーケットの「ザ・ガーデン 自由が丘」、精肉店や鮮魚店も店舗を構える。中華総菜の「好餃子」や和惣菜の「銀座 縁」などの惣菜店も充実しているので、仕事帰りに購入して夕飯の支度を時短で済ませるなど、食卓の強い味方になりそうだ。

「South Area」1階の「京都 八百一」
「South Area」1階の「京都 八百一」

朝7時からオープンしているカフェ「プロント」では、朝食を食べてから出勤するサラリーマンやOLの姿も多い。コラボレーションしている「浦和観光案内所」は、地域の情報収集にもってこいの施設だ。

「プロント」とコラボレーションしている「浦和観光案内所」
「プロント」とコラボレーションしている「浦和観光案内所」

「アトレ浦和」が隔月刊行している情報誌『U La La』は、地域情報が盛りだくさん。「埼玉大学」とのコラボ企画「Ulala Report」では、浦和の街を取材した学生がその魅力を伝えてくれる。「まちコミコーナー」は地元の人の投稿が掲載され、生の情報が人気だ。

情報誌『U La La』
情報誌『U La La』

有料の駐車場も駐輪場もあるので便利。駐車場は南側に一ヶ所、駐輪場は北と南に一ヶ所ずつ。南側の駐車場には自動二輪車も停められる。24時間営業なので帰りが遅くなっても大丈夫だ。

アトレ浦和
所在地:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-16-12 
電話番号:048-755-9130
営業時間:10:00~21:00
※店舗により一部異なる
http://www.atre.co.jp/store/urawa

詳細地図