2駅を利用できる利便性を享受しつつ落ち着きある暮らしが実現できる街、南区大谷場

さいたま市南区大谷場は、浦和区と南区の区境付近、「浦和」駅の東側に位置している。「浦和」駅周辺は「埼玉県庁」や「さいたま市役所」などが集まる埼玉県、さいたま市の行政の中心地で、多くの企業のオフィスも建ち並ぶ。古くから名門と呼ばれる教育施設もあり、文教エリアとしても知られている。

中山道の宿場町として発展

古くから信仰を集めた「調(つき)神社」
古くから信仰を集めた「調(つき)神社」

江戸時代、今の大谷場の西には中山道の宿場が置かれた。「浦和宿」は日本橋から数えて3番目の宿場で、大いににぎわったという。現在も旧「浦和宿」周辺には歴史を感じさせる街並みや、「調(つき)神社」、「玉蔵院」などの古い寺社が残る。「浦和宿」の名物として知られていたのがうなぎだ。今も浦和には老舗から新進の店まで多くのうなぎ店があり、評判の店も多い。

第二次世界大戦前の浦和には多くの画家が移り住み、文化人が多く住んでいた鎌倉と並び「鎌倉文士に浦和画家」と呼ばれていたという。浦和で描かれた作品も多く、「浦和」駅付近にある「うらわ美術館」では彼らの作品を鑑賞することができる。

大谷場は古くは大谷場村と呼ばれており、明治の町村制施行により矢田村に合併、1932(昭和7)年の木崎村、浦和町との合併を経て、1934(昭和9)年に市制施行により浦和市の一部となった。

文教の街、浦和

1921(大正10)年、浦和には旧制「浦和高等学校」が設けられ、文教の街としても発展を遂げた。今でも、浦和周辺には埼玉県内のトップレベルの公立高等学校として知られる「埼玉県立浦和高等学校」や「埼玉県立浦和第一女子高等学校」、「さいたま市立浦和中学校・高等学校」など名門校が集まる。

金管バンドの活動で知られる「さいたま市立大谷場小学校」
金管バンドの活動で知られる「さいたま市立大谷場小学校」

浦和周辺の小・中学校も長い歴史を持つ学校や特色ある教育を行っている学校が多い。大谷場の通学指定校となる「さいたま市立大谷場小学校」も1954(昭和29)年開校という歴史を持ち、金管バンドの活動も盛んで地元のイベントのパレードなどにも参加している。

「南浦和」駅前の学習塾
「南浦和」駅前の学習塾

また、「南浦和」駅周辺には学習塾や予備校が多く、「予備校銀座」と呼ばれている。夕方頃になるとこうした学習塾や予備校に通う児童や生徒の姿が見られ、文教都市らしい勉強熱心な家庭が多いことがうかがえる。

浦和はサッカーの街としても発展

浦和はJリーグのチームの中でも、熱心なファンが多いといわれる「浦和レッズ」のホームタウンであり、サッカーの街としても有名だ。明治後期に現在の「埼玉大学」の前身である「埼玉師範学校」でサッカーが行われたことが、埼玉県のサッカーの始まりといわれ、以後、ここで学んだ多くの指導者が教師として埼玉県内各地へ赴任したことでサッカーが広まった。

「浦和レッズ」のオフィシャルショップ「レッドボルテージ」
「浦和レッズ」のオフィシャルショップ「レッドボルテージ」

「埼玉県立浦和高等学校」は国内でも有数の進学校ながら、「全国高等学校サッカー選手権大会」で優勝経験もある。商店街には「浦和レッズ」のフラッグがはためくほか、「浦和」駅近くの「レッドボルテージ」など、「浦和レッズ」関連の施設や応援するお店も多い。

4路線を利用できる「浦和」駅が最寄り、「南浦和」駅も近い

3路線が利用できるJR「浦和」駅
3路線が利用できるJR「浦和」駅

大谷場は交通アクセスの利便性も高い。最寄りとなる「浦和」駅にはJR京浜東北線、JR宇都宮・高崎線、JR湘南新宿ラインが停車する。2013(平成25)年にはJR湘南新宿ラインが停車するようになったほか、2015(平成27)年からJR宇都宮・高崎線がJR上野東京ラインに直通するようになり、「池袋」駅や「新宿」駅、「東京」駅、「品川」駅、「横浜」駅方面へダイレクトアクセス可能になっている。

JR京浜東北線の始発電車が多い「南浦和」駅
JR京浜東北線の始発電車が多い「南浦和」駅

エリアからはJR武蔵野線とJR京浜東北線が乗り入れる「南浦和」駅も近い。JR武蔵野線は東京都心から放射状に延びる路線との接続駅が多い便利な路線だ。「南浦和」駅が始発となるJR京浜東北線の電車も多く、少し並んで待てば座って移動することができることもうれしい。

「浦和」駅周辺のショッピング施設が徒歩圏内

「浦和」駅東口駅前の「浦和PARCO」
「浦和」駅東口駅前の「浦和PARCO」

大谷場は買い物施設が充実していることも魅力だ。「浦和」駅周辺には「浦和PARCO」や「伊勢丹 浦和店」、「イトーヨーカドー 浦和店」など大型ショッピング施設があり、日常の買い物だけでなく休日のショッピングも近くで楽しめる。

エリアから「浦和」駅方面へ向かう途中には昔ながらの雰囲気が残る「前地通り商店会」があり、惣菜店など暮らしを支える店が並ぶ。夏には「わんぱくまつり」が開催され、スケジュールを確かめて出かけるのも楽しい。

「浦和」駅西口の駅ビル工事
「浦和」駅西口の駅ビル工事

現在、「浦和」駅周辺では新しい駅ビルの整備が行われている。この駅ビルには「アトレ浦和」やスポーツクラブなどが入る予定で、買い物の楽しみはさらに増えそうだ。また、駅ビル整備に合わせて、「浦和」駅の東西連絡通路とバスターミナルを結ぶ地下通路の整備や「浦和」駅西口の再開発の計画もあり、暮らしの利便性向上が期待されている。

埼玉県有数の文教都市ならではの落ち着いた雰囲気に暮らしの利便性を併せ持つさいたま市南区大谷場。ここでは心地よい暮らしを堪能できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ