生ケーキ、焼き菓子、パンまでそろうパティスリー

Patisserie La cuisson(パティスリー ラ キュイッソン)

Pâtisserie La cuisson(パティスリー ラ キュイッソン)
Pâtisserie La cuisson(パティスリー ラ キュイッソン)

つくばエクスプレス「八潮」駅から歩くこと約10分。整備された住宅街の一画に建つマンションの1階にお店を構えているのが「Pâtisserie La cuisson(パティスリー ラ キュイッソン)」だ。八潮市で生まれ育ち、人気店でシェフパティシエを務め、日本最大の洋菓子コンテストでアントルメのグランプリを受賞した実力を持つシェフの飯塚和則さんが、2011(平成23)年4月にオープンした。

可愛らしい雑貨で飾られた店内
可愛らしい雑貨で飾られた店内

店名の「Cuisson」とは、お菓子づくりの基本である「焼成」という意味で、すべての基本を大切にしたいというシェフの想いが込められている。 落ち着いた中にかわいらしさも感じる店内には、生菓子をはじめ、焼き菓子やヴィエノワズリー、コンフィチュール、キャラメルなどがきれいに並べられていて、本場フランスのパティスリーのような品揃えだ。ケーキ屋さんではあるが昔の商店のようなイメージで、おやつ用だけでなく、お祝いや軽食、手土産など、さまざまなシーンで幅広くお店を利用して欲しいという。

生菓子がショーケースにズラリ
生菓子がショーケースにズラリ

生菓子だけでも種類豊富で、この日ショーケースをざっと眺めただけでも26種類ほどが並んでいた。店名を冠した「キュイッソンのプリン」などの定番商品のほか、旬のフルーツを使った季節限定の商品が登場する。

コンフィチュールやヴィエノワズリーも充実
コンフィチュールやヴィエノワズリーも充実

コンフィチュールもシェフによるお手製で、いちごやブルーベリー、キウイなど常時6種類ほどのラインアップは、それぞれ旬の時期に収穫した果実を仕込んだもの。果肉が残ったレッシュさを感じる味わいで人気だ。ヴィエノワズリーも「クロワッサン」や「パン オ ショコラ」、「パン オ レザン」など日によって種類が多少異なるが毎日10種類以上が焼きあがる。選ぶ楽しみを存分に味わうには、すべての商品が出揃うお昼頃に訪れるのがおすすめだ。

Patisserie La cuisson(パティスリー ラ キュイッソン)
所在地:埼玉県八潮市南川崎882 ライツェントヴォーネン101
電話番号:048-948-7245
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日、第3火曜日
https://ja-jp.facebook.com/Patisserie-La..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ