独自の「マトリクス保育」が特徴の認可園

コビープリスクールよしかわステーション

様々なテーマ別の保育室や庭園を配置した特徴的な園舎
様々なテーマ別の保育室や庭園を配置した特徴的な園舎

JR武蔵野線「吉川」駅から歩いて5分の場所にある「コビープリスクールよしかわステーション」は、2012(平成24)年に開園した私立認可保育園。千葉県野田市に本社を置き、東京・神奈川・千葉・埼玉・山形において認可保育園を運営する「社会福祉法人コビーソシオ」が手掛ける園のひとつだ。子どもたちの才能を伸ばす教育環境と、安心して預けられる保育環境を提供するため、質の良い保育を目指している。

園児たちが自然とつながることを意識した園庭
園児たちが自然とつながることを意識した園庭

園舎は「株式会社ミサワホーム総合研究所」と共同設計を行ったというモダンな設計。通りから見てひと目で中の様子が伺えるオープンな窓ガラスが印象的な建物だ。建物内部は吹き抜けの空間を中心に、様々なテーマ別の保育室や庭園を配置。保育の基軸である異年齢児交流保育と年齢別保育を掛け合わせた「マトリクス保育」が、効率よく実践できるようにと設計されている。園庭には、園児たちは遊びながら季節を感じることができるようにと、ビオトープや果樹園も設置されている。

茶道・香道の保育
茶道・香道の保育

「コビープリスクールよしかわステーション」では子どもたちの才能をいち早く見つけて伸ばそうと、日常カリキュラムにおいて様々なお稽古事を取り入れている。元Jリーガーが指導するサッカー保育や、ネイティブの講師からレッスンを受ける英語保育、専門講師による音楽保育や体育保育、茶道の家元による茶道・香道など、いずれも充実した内容だ。

大自然の中で行うお泊り保育「COBY SUMMER ADVENTURE」
大自然の中で行うお泊り保育「COBY SUMMER ADVENTURE」

4・5歳児クラスでは、コビーグループが行う「お泊り保育」に参加するのも大きな特徴のひとつ。群馬県の「かたしな高原」のスキー場や奥日光において、ドローンやタブレット端末などの最先端技術に触れたり、よりダイナミックな創作体験をしたりと遊びを通してチームでの課題解決を体験している。非認知能力や21世紀型スキルを育むアクティブ・ラーニングを経験できるのもこの保育園の特徴のひとつであろう。

長さ約50mの吹き抜け空間“大通り”
長さ約50mの吹き抜け空間“大通り”

子どもたちに、社会の中で生きるための総合的な力である「生き抜く力」「考える力」「育つ力」「表現する力」「おもいやりと優しさ」を身につけてほしいと願う「コビープリスクール」。固定概念にとらわれない工夫がたくさん詰まった保育園である。

コビープリスクールよしかわステーション
所在地:埼玉県吉川市木売1-8-3 
電話番号:048-971-7361
定員:80名
入園対象:生後57日~就学前
開園時間:7:00~20:00
http://www.coby.jp/institution/post-17.h..
http://www.coby.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ