厳選素材とオリジナル製法で作る食パンが大人気

パン工房 あつみや

温かみのある看板と店構え
温かみのある看板と店構え

ショッピングモールと商店街の多い「上尾」駅の賑わいから、少し離れた街の一角にある「パン工房 あつみや」。店主の板橋淳さんは、高校時代のアルバイトで飲食関係の仕事の楽しさを知り、ベーカリー会社へ就職。製造、販売、管理などのパン作りの業務をひと通り経験し、ゆくゆくは自分のお店を持ちたいと、2009(平成21)年7月に地元にお店をオープン。以来、地域に親しまれ続けている街のベーカリーだ。

お子様連れや高齢のお客様への配慮も行き届いた店づくり
お子様連れや高齢のお客様への配慮も行き届いた店づくり

季節によっても多少変動はあるが、常備50種類以上のパンが並ぶ店内
季節によっても多少変動はあるが、常備50種類以上のパンが並ぶ店内

店のこだわりは、国産小麦、自家製酵母を使用している点。国産小麦独特の味や香り、そして、りんごから造る自家製酵母を使ったパンは、もちっとした食感が特徴の食べ応えのある逸品。惣菜系や菓子系など50種類以上の数あるパンの中でも、一番人気は、「あつみや食パン」。しっとり&もっちり感を実現したパンは、小麦とほんのりバターが香る味わいで、何もつけずにそのまま食べても美味しい。なお、食パンは、週末限定販売のデニッシュ食パンを含めて5種類のレパートリーがあり、どの商品もそれぞれ材料の配合や製法を変えて作られた、個性際立つ人気商品だ。

研究を重ね、行きついたオリジナル製法で作られる人気の食パン
研究を重ね、行きついたオリジナル製法で作られる人気の食パン

また、カジキマグロの香味揚げを挟んだ「カジキマグロ」などの変わり種パンや、期間限定で販売される、幻のバター「カルピスバター」を使ったシュトーレンも毎年予約する常連がいる程の人気。

高級ホテルや洋菓子店が使用する「カルピスバター」を使ったシュトーレンも人気
高級ホテルや洋菓子店が使用する「カルピスバター」を使ったシュトーレンも人気

店ではパンの販売以外にも、地域密着型の店づくりの一環として、4歳〜小学生を対象に、夏休みの時期にパン教室(有料)を開催している。1回につき8名が参加できる教室は、子どもたちに大人気。毎回定員を超える応募がある人気イベントとなっている。 「朝ごはんに食パンを食べたいと思った時に、あつみやがあって良かった」と思ってもらえるような、地域に必要とされるお店を目指しているという板橋さん。その想いを受け止めた人々が、今日も「あつみや」のパンを求めて店を訪れ続けている。

パン工房 あつみや
所在地:埼玉県上尾市柏座2-1-2 
電話番号:048-774-6939
営業時間:8:00~18:45(土曜日は7:30~18:00)
定休日:日曜日、祝日
https://www.instagram.com/atsumiyapan/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ