子育て世帯に上尾市が選ばれる理由は?東大宮周辺のお買い物スポットと合わせてご紹介!

2022(令和4)年10月現在、人口およそ23万人を擁する埼玉県上尾市。マイホームの購入を検討している子育て世帯にとって、都市部へのアクセスの良さと恵まれた自然環境はもちろん、恵まれた生活環境も魅力的に感じられるエリアとなっています。今回はポラスマイホームプラザが提案する新築分譲住宅『リブマイスタイルイズム東大宮ロッジ』周辺を実際に歩き、普段使いのお買い物スポットを中心にリアルな生活環境をレポートします。

東大宮エリアの落ち着いた街並み
東大宮エリアの落ち着いた街並み

まずは物件概要をご紹介!

リブマイスタイルイズム東大宮ロッジ』は、「東大宮」駅から徒歩圏内でありながら、緑に囲まれた落ち着きあるロケーションが魅力のひとつです。 全邸120㎡超のロッジ風の住まいが立ち並び、まるで別荘地を思わせる開放感のある街区となっています。 周辺にはスーパーマーケット、ドラッグストア、医療施設、公園もあり、便利で快適な住環境が整っています。 また、徒歩圏内に小学校、幼稚園、保育所もそろい、小さなお子さまのいるファミリーにとって恵まれた立地となっています。

完全予約制モデルハウス公開中

近隣モデルハウス:デュクス大宮・土呂レイズ
近隣モデルハウス:デュクス大宮・土呂レイズ

明るさと広さに憩う
団らん空間

近隣モデルハウス:デュクス大宮・土呂レイズ
近隣モデルハウス:デュクス大宮・土呂レイズ


物件近隣の生活利便施設をチェック!

上尾市瓦葺(かわらぶき)に位置する物件は国道16号線にアクセスしやすいため、車を利用するご家族にとって広範な生活圏を楽しめそうです。物件からもっとも近い商業店舗のひとつに「ロヂャース 大宮店」があります。生鮮品や総菜、日用品、薬品、衣料品に至るまで品揃え豊富です。また岩槻方面に行くと「パトリア 東大宮店」があり、スーパーマーケットの「ベルクス東大宮店」をはじめ、ドラッグストアや100円ショップなどが入っています。 また2022(令和4)年4月にオープンした「ドラッグセイムス見沼丸ヶ崎店」も身近な場所にあり、気軽に利用できそうです。

ほかにも「上尾市役所尾山台出張所」が物件の西側、徒歩圏内に位置しています。戸籍の謄本・抄本・附票の交付や住民票の写しの交付など、市役所と同じように対応可能な手続きも多く、何かと重宝しそうですね。

手頃な価格で何でもそろう

「ロヂャース 大宮店」
「ロヂャース 大宮店」

駐車場無料で買い物しやすい

「パトリア東大宮」
「パトリア東大宮」


地元の農産物を取り扱う農園や、自然食品を取り扱うこだわりのお店も

物件から車で数分の距離にある「中村農園 新鮮野菜直売所」は、地元見沼区で採れた新鮮な野菜を提供しています。水・木・土・日曜日の営業で、10時に開店。朝採れの野菜を買い求めてはいかがでしょうか。 「かぎろひ」もまた地元で人気のお店で、肥料を使わない自然栽培のお米や野菜など作り手のこだわりが伝わる商品を取り扱っています。

地元の新鮮野菜を求めて

「中村農園 新鮮野菜直売所」
「中村農園 新鮮野菜直売所」

こだわりの自然食品を扱う

「かぎろひ」
「かぎろひ」


まだまだある!充実した買い物環境

一方、買い物はとにかく近くでお得に済ませたいという方には、「業務スーパー 東大宮店」や尾山台団地のショッピングセンターにある「かわいち 尾山台店」がおすすめです。 「かわいち 尾山台店」は肉、魚、野菜、乳製品など毎日の食卓に欠かせない定番の商品がそろっています。また他店と比べてお手頃な価格の商品もあり家計にも安心です。 さらに生活圏には「ヤオコー 大宮島町店」、「ヨークマート ハレノテラス東大宮店」もあり、その日の気分や目的に応じて使い分けできそうですね。

家計にやさしいお得な品揃え

「業務スーパー 東大宮店」
「業務スーパー 東大宮店」

生活圏にある便利な施設

「ハレノテラス」
「ハレノテラス」


ここからは、上尾市のさまざまな魅力について見てみましょう

子育て世帯にとって上尾市が選ばれる理由にはいったいどのような背景があるのでしょうか。上尾市の2022(令和4)年10月現在の人口はおよそ23万人。5年前の2017(平成29)年と比べると2,000人増で微増の傾向にあります。多くの自治体で、人口減少や少子高齢化の進展など様々な課題を抱えてはいますが、多世代にとって住みやすいまちづくりが進められている結果、上尾市では増加の傾向があるものと思われます。 昨今では学校教育の取り組みや充実した子育て支援、土地価格の手頃さなどが子育て世帯の注目を集め、子育てしやすいまちとしての認知も広まっています。

子育て支援も充実

image photo
image photo

学校教育の強化

image photo
image photo


「スポーツのまち」として知られる上尾市

上尾市では、2022(令和4)年4月に「スポーツ健康都市宣言」を行い、スポーツや食を通して健康的なライフスタイルを追求できるまちといったイメージをさらに確かなものにしようと取り組みが進められています。同市では、「上尾シティハーフマラソン」が有名ですが、世界陸連および日本陸連の公認コースとしても知られています。毎年8,000人以上の市民ランナーや箱根駅伝に出場する大学の参加もあり、スポーツの素晴らしさを実感できるイベントのひとつです。

また市民スポーツも盛んで、物件近くには、「西原テニスクラブ」や「フットサルアリーナ上尾」などもそろい、スポーツを身近に楽しめる環境に恵まれています。

健康的なライフスタイル

image Photo
image Photo

手軽に運動が楽しめる

「西原テニスクラブ」
「西原テニスクラブ」


「子育てしやすいまち」上尾市

安心して子育てできる環境を目指して、保育施設の新設や受入枠の拡大、子育て支援の取り組みなども進められています。 ひとつは待機児童解消に向けた取り組みとして2022(令和4)年4月に19人、同年7月に75人分の受入枠が新たに整備されました。また今後も高まる保育ニーズに対応するため、認定こども園の推進や延長保育の長時間化といった取り組みも進められているようです。

小学校入学後は学童保育所の受け入れも保護者にとっては関心の高いところですが、上尾市にはおよそ40カ所の学童保育所があり、待機児童数は12年間ゼロを継続しているようです。

2021(令和3)年5月に開設された

子ども家庭総合支援センター(上尾市役所5階)
子ども家庭総合支援センター(上尾市役所5階)

小学校入学後も安心

「瓦葺小学童保育所」
「瓦葺小学童保育所」


都市部にはない豊かな自然環境も魅力の1つ

上尾市では、公園や雑木林、農地の総面積が市域の3分の1を占め、農地だけでも約17%が残されているようです。武蔵野の面影を残す雑木林などは埼玉らしさを感じさせてくれる景観として「ふるさとの緑の景観地」に指定されています。物件周辺にある「上尾市原市ふるさとの緑の景観地」は4.87ヘクタールもの広さがあり、コナラを主体とした落葉広葉樹の樹林が大切に管理されています。

上尾市民に人気の公園

「上平公園」
「上平公園」

武蔵野の面影を残す

「上尾市原市ふるさとの緑の景観地」
「上尾市原市ふるさとの緑の景観地」


発見ポイント!

毎日立ち寄りたくなる商業施設「ハレノテラス」
毎日立ち寄りたくなる商業施設「ハレノテラス」

  • (1)普段使いの買い物に便利なお店が生活圏にたくさん
  • (2)地元の新鮮野菜を取り扱う農園もあり地域の豊かさを感じられる
  • (3)上尾市はさまざまな魅力をもち、人口の増えている市

子育て世帯に上尾市が選ばれる理由は?東大宮周辺のお買い物スポットと合わせてご紹介!
所在地:埼玉県上尾市