食を通して埼玉県の魅力を再発見

川越薪火料理 in the park

東武東上線・JR「川越」駅西口よりペデストリアンデッキで直結
東武東上線・JR「川越」駅西口よりペデストリアンデッキで直結

埼玉県の新鮮な地場食材を薪グリルでダイナミックに焼き上げて提供するお店「川越薪火料理 in the park」。近隣の勤め人、家族連れ、小江戸川越の観光に訪れる観光客など、多くの人が埼玉県の食を楽しもうと訪れる地元の人気店だ。

グリルの様子を見ながら食事を楽しむことができる
グリルの様子を見ながら食事を楽しむことができる

店内の広々としたダイニングスペースの中心には薪グリルが置かれ、豪快に素材を焼き上げる様子が見ることができる。このダイナミックな調理風景も同店の魅力的な演出の一つ。「in the park」という店名には、「店を気軽に集まれる公園のように使ってもらうことで、お客様同士のつながりが生まれる場所になってほしい」というお店の想いが込められているそう。まさにこの薪火を中心に人々が楽しく食事をし、語り合い、つながることのできる空間となっている。

薪火を使った調理風景を間近で見ることができる
薪火を使った調理風景を間近で見ることができる

店で使用している食材は、スタッフが埼玉県内の農園などをまわって調べたり、人とのつながりからセレクトされた、自信の食材ばかり。たとえば、基本平飼い、完全放し飼いで育った埼玉生まれのシャモ、玉軍鶏や歯切れのよい柔らかい肉と風味と甘さが特徴の「彩の国黒豚」、川越で約40年の歴史を持つ小野食品の「仙波豆腐」などだ。そんなこだわりの食材の良さが存分に引き立つよう、料理ジャンルにはとらわれず、薪グリルを軸にいろいろな調理法で提供するのが同店の特徴でもある。

「彩の国黒豚ロースの薪火グリル」
「彩の国黒豚ロースの薪火グリル」

メニューは魚、肉、野菜を使った単品メニューのほか、コースメニューも数種類ある。中でも人気が高いのは、旬の食材を少しずつ楽しめる月替わりのコースと店の魅力が詰まった「シェフおすすめの薪火コース」。火がじっくりとやさしく食材に入るので、スモークしたようなふっくら、柔らかい仕上がりになるのが薪火の特徴だ。どちらのコースもそんな薪火料理の魅力を存分に味わえる内容となっており、食べれば薪火料理の虜になること間違いなし。

食事だけでなく、薪火スイーツなども提供している。ぜひ食べてもらいたいのが川越名物のさつまいもを薪火で焼き、瞬間冷凍で凍らせて表面をバーナーでほんのり焦がしたブリュレ風スイーツ「薪火焼き芋 川越はちみつホイップバター」。香ばしい焼き芋と濃厚な川越はちみつ、そしてホイップの相性が抜群で、添えられた塩を加えることでぐっと芋の甘みが引き立つ逸品だ。

前菜からスイーツまで地場産素材×薪グリルの魅力を堪能できる
前菜からスイーツまで地場産素材×薪グリルの魅力を堪能できる

フードメニューだけではなく、ドリンクメニューにも河越抹茶を使ったカクテルや「COEDOビール」、秩父ワインなど、埼玉県内のお酒を使ったアルコールメニューやソフトドリンクが充実している。訪れれば、今まで気づかなかった埼玉の「おいしい」や良さをきっと再発見できるだろう。

川越薪火料理 in the park
所在地:埼玉県川越市脇田本町8-1 U_PLACE 2F
電話番号:049-265-8426
営業時間:朝食 6:30~10:00(L.O.9:30)、ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)、カフェ 15:00~17:00(L.O.16:30)※土日のみ、ディナー 17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:なし
https://restaurant-inthepark.com/

詳細地図

読み込み中