都心へのアクセス抜群、恵まれた商業施設と自然環境が共存するエリア

川口市栄町は、川口市の南部に位置し、本町エリアを覆いかぶさるように、東西に長いエリアだ。東側は芝川が流れ、西側はJR線上野東京ラインが境目となっている。
古くは、鋳物と植木の街として発展を遂げた川口市だが、近年では東京都心に近いことからベッドタウンとしての進化も遂げ、川口市の中心駅である「川口」駅周辺では、再開発により大型商業施設ができた。「住みやすい街大賞」などにもランクインし、生活利便性の高い街として人気を集めている。

駅前にまとまった公共施設は、利便性抜群

キュポ・ラ
キュポ・ラ

駅前の大型施設「キュポ・ラ」内には、「川口駅前行政センター」や「川口市立中央図書館」などが入り、線路を挟んだ反対側には、「川口総合文化センター(リリア)」が構えている。市を代表する施設が駅周辺に立地しているため、公共施設が非常に利用しやすい。駅自由通路と駅前の施設はペデストリアンデッキで結ばれているため、最短距離でそれぞれの施設を回ることができる。
また、川口市は、子どもが生まれると1万円の助成を行う「赤ちゃんにっこり応援金」など、川口市独自の助成制度も実施し、子育て支援に力を入れているのも特徴だ。

都心へのアクセスは抜群

川口駅
川口駅

栄町エリアの主要駅となる、「川口」駅からJR京浜東北線に乗れば、「東京」駅へは23分、「品川」駅へは32分と、東京都心方面へのダイレクトアクセスが可能。隣駅の「赤羽」駅で埼京線や湘南新宿ラインに乗り換えると良く先は更に広がる。「池袋」駅へ15分、「新宿」駅へ21分、「渋谷」駅へ29分と、いずれも30分以内でのアクセスが可能だ。
また、コミュニティバスの「みんななかまバス」が川口市内で運行されており、住民たちが気軽に利用できる移動手段として親しまれている。

ショッピングは大型商業施設を複数利用可能

アリオ川口
アリオ川口

「川口」駅から北側へ向かうと、イトーヨーカドー川口店」をはじめ、多様な専門店が入る「アリオ川口」があり、西側には飲食店も豊富な「ララガーデン川口」があり、必要なもの、行きたいお店を選ぶ楽しみが多い。また駅前にも「かわぐちキャスティ」など大型商業施設があるため、買い物に困ることは無い。
「そごう川口」は、2021(令和3)年2月に閉店となってしまうが、「樹モール」に面した一角が、大規模な再開発を見込んでいるように、駅前のこの好立地は、地域の住人達の為に、よりよい形に姿を変える計画が期待される。

行政も力をいれる、安心の子育て環境

川口西公園(リリアパーク)
川口西公園(リリアパーク)

ほっと一息つくにも、子ども達の遊び場にも、のびのび過ごせる公園が近くにあると助かる。栄町エリアには、「川口西公園(リリアパーク)」「本町公園」など遊具で遊べる公園が点在し、図書館や保育園などの近くには広場も多く、家族全員が過ごしやすい。
また、子育てをサポートしてくれる環境も万全だ。川口市役所には、「子ども育成課」「子育て相談課」があり、子育てに関する専門窓口を設けている。そして、子育てに関する各課の情報を一冊にまとめた「川口市子育てガイドブック」を作成し、転入や出産のタイミングなどでファミリーにプレゼントしている。施設面でも、行政面でも、子育て環境が整ったエリアだ。