駅周辺にコンパクトにまとまった商業施設と、趣深い街並みが広がるエリア

西は川口駅、東は川口元郷駅と、異なる路線の駅に挟まれたエリア。荒川を挟んで東京都北区とも接しており、東京都心に非常に近い立地だ。人口構成として若年層が多い事が特徴のひとつ。プレファミリーなど新たな生活地を求める人にとって、住みやすい街となっているだろう。
本町は、本町一丁目を中心として江戸時代から「川口宿」として栄え、古くから川口の中心市街となっていた。町並みは岩槻街道に沿って、戦前からの住居や商家の風景なども残り、風情溢れる特徴がありながら、近辺の交通の発展によって生まれた真新しいビル群も存在する稀有なエリアだ。

使い勝手のいい施設と、趣味に没頭しやすい環境が身近に揃う

川口市立アートギャラリー・アトリア
川口市立アートギャラリー・アトリア

「川口元郷」駅からほど近くにある「川口郵便局」は土曜日も窓口が空いている。何かと利用することの多い施設が身近にあると心強い。また、「川口工業総合病院」「川口第一クリニック」など、安心できる医療施設も近辺に揃っているため、万一の時にも安心できる環境が備わる。他にも「川口市立アートギャラリー・アトリア」や「東急スポーツオアシス 川口」「東急スポーツオアシス 川口」などがあり、文化的にも、スポーツ的にも、趣味に没頭できる施設が整っている。

「川口」駅と「川口元郷」駅を使い分けられる利便性

川口元郷駅
川口元郷駅

埼玉高速鉄道「川口元郷」駅からは、東京メトロ南北線への直通運転をしているため、「飯田橋」駅へ22分、「永田町」駅へ29分と、都心へも楽々のダイレクトアクセス。また、国際興業バスが京浜東北線の終電後に赤羽駅から深夜バスを出しており、川口元郷駅へも停車するため、都内からの帰りが遅くなった際も安心。もちろん「川口」駅も歩いて使用出来るため、目的地によって、アクセスの仕方は多様に選べる。2路線使えるエリアの強みは存分に生かしたい。

駅前に便利な商業施設が揃う

ミエルかわぐち
ミエルかわぐち

2006(平成18)年に「川口元郷」駅近くに「ミエルかわぐち」が誕生した。店内には、食品スーパーの「ヤオコー 川口本町店」、スポーツ用品の「アルペン ミエルかわぐち店」、家電量販店の「ヤマダ電機 テックランド川口本店」などと多彩な店舗がそろう。日常的に利用しやすい商業施設だ。他にも、駅から徒歩圏内に「サミットストア 川口青木店」などがあり買い物も使い分けがしやすい。休日のショッピングには、「川口」駅寄りの大型の商業施設が頼りになる。

趣深い街並みも残す、文化的エリア

芝川公園
芝川公園

岩槻街道沿いには「旧田中家住宅」という、国指定重要文化財の建物があり、便利な施設が多いながらも昔の趣を感じられる街並みだ。芝川が流れ、四季の移ろいを感じられる自然環境もある。「川口元郷駅」前の「芝川公園」では、広場や遊具、ベンチが整備され、都市部のオアシス的存在となっている。また、荒川の河川敷もほど近く、ジョギングやサイクリングスポットとしての利用もしやすい。天候の良い日には「富士山」を望みながら散歩することもできる。