暮らしの利便性に恵まれ、今後の発展も期待できる蕨市錦町エリア

蕨市は埼玉県の南部に位置し、古くは「蕨城」が築かれるなど地域の中心地として発展。江戸時代には中山道の宿場町として栄えた。当時の「蕨宿本陣」は現在の「蕨市立歴史民俗資料館」にあったといわれ、現在も庚申塔が残るなど当時の面影を感じられる。錦町エリアは蕨市の中でも西側、国道17号とJR埼京線に挟まれる場所にあり、最寄り駅はJR埼京線「北戸田」駅となる。

JR埼京線「北戸田」駅に近く、交通アクセスが便利

JR埼京線「北戸田」駅
JR埼京線「北戸田」駅

JR埼京線「北戸田」駅へ徒歩約数分と近い錦町エリアは交通アクセスの利便性も高い。「北戸田」駅からJR埼京線に乗れば「新宿」駅や「渋谷」駅にダイレクトアクセスできるほか、「赤羽」駅乗り換えで「東京」駅や「品川」駅へもアクセスしやすい。JR埼京線下り電車で「大宮」駅へ出れば東北・北海道新幹線、上越・北陸新幹線に乗り換えでき、遠方への旅行や出張も便利だ。

蕨市ではコミュニティバス「ぷらっとわらび」が運行されており、錦町エリアでは西ルートが使いやすい。「ぷらっとわらび」の運賃は大人100円小学生50円で未就学児や75歳以上は無料という点もうれしい。

錦町エリア周辺には国道17号など幹線道路が多く、東京外環自動車道の「戸田東」ICや「外環浦和」ICも近いため、カーアクセスにも恵まれている。

都市インフラ整備でさらに暮らしやすい街へ

再開発が進められている「蕨」駅周辺
再開発が進められている「蕨」駅周辺

現在、蕨市では都市インフラ整備が進められている。「蕨市役所」では2023(令和5)年の完成を目標に新庁舎の建設が進められているほか、「蕨」駅西口では2025(令和7)年にショッピング施設や図書館などを併せ持つ再開発ビルが誕生する予定だ。錦町エリアでも土地区画整理事業が進んでおり、暮らしやすく災害に強い街に生まれ変わりつつある。

子育て支援が充実している蕨市

「早蕨幼稚園」など子育て施設が豊富
「早蕨幼稚園」など子育て施設が豊富

錦町エリアは子育てしやすいことも特徴だ。1970(昭和45)年に開園した「蕨市立さつき保育園」のほか、2013(平成25)年には「アートチャイルドケア蕨」、2016(平成28)年には「蕨すこやか保育園」、2020(令和2)年には「蕨錦町ゆたか保育園」と保育施設が続々と誕生している。幼稚園は音楽教室、体操教室、サッカー教室などに力を入れ、預かり保育や未就園児教室も実施している「早蕨幼稚園」が近い。

蕨市では「こども医療費支給制度」の対象が中学校卒業まで、所得制限もなしとされているほか、運動遊びの教室やイベントなどを行う「蕨いきいきキッズプロジェクト」を開催するなど子育て支援が充実している。

錦町エリア周辺でも「錦町児童館」で乳幼児の親子や小学生を対象としたイベント、「蕨市西公民館」でのリトミック子育てワンポイントアドバイスや0~2歳児親子のおしゃべり広場、「蕨市西公民館」内の「蕨市立図書館錦町分館」でもおはなし会など子育てファミリー向けの催しが開かれている。

プレーパークも開かれている「富士見公園」
プレーパークも開かれている「富士見公園」

錦町周辺は子どもの遊び場となる公園も多い。とくに「わらびりんご公園」は故・吉澤誠一氏が開発した日本一早く実がなる「わらびりんご」が植えられているユニークな公園だ。野球場やランニングコースのある「富士見公園」では毎月第3土曜日にプレーパークが開催され、子どもがのびのびと遊べる。

多彩なショッピング施設を使いこなせる

「マルエツ 蕨北町店」などスーパーマーケットが充実
「マルエツ 蕨北町店」などスーパーマーケットが充実

錦町は買い物環境もよい。国道17号沿いには「マルエツ 蕨北町店」や「トイザらス・ベビーザらス 蕨店」、「デンキチ 蕨店」といったショッピング施設も揃う。スーパーマーケットは「蕨」駅方面にも「西友 蕨店」や「マルエツ 蕨店」があり、買い物の選択肢は豊富だ。

2021(令和3)年春には「イトーヨーカドー錦町店」跡地に約50店舗の専門店が入る「ビバモール蕨錦町」がオープン。買い物の利便性はさらに高まっている。暮らしの利便性と恵まれた子育て環境を併せ持つ錦町エリア。ここはファミリーにぴったりの住宅地といえそうだ。