「北戸田」駅に近く、ショッピング施設や公共施設に恵まれた戸田市新曽エリア

戸田市は埼玉県の南部に位置し、1985(昭和60)年の国鉄(現・JR)埼京線の開通により急速に発展した。「北戸田」駅周辺に広がる新曽エリアでもこの時期に開発が進められ、「戸田市スポーツセンター」や「戸田市立図書館 本館」など公共施設が充実していることから利便性の高いベットタウンとして人気を集めている。

JR埼京線で東京都心方面にもスムーズにアクセス

JR埼京線「北戸田」駅
JR埼京線「北戸田」駅

「北戸田」駅へは徒歩10分以内と近い新曽エリアは交通アクセスの利便性にも恵まれている。「北戸田」駅からJR埼京線に乗れば「池袋」駅、「新宿」駅、「渋谷」駅などにダイレクトアクセス可能。「赤羽」駅でJR京浜東北線やJR上野東京ラインに乗り換えれば「東京」駅や「品川」駅へのアクセスもよい。JR埼京線で「大宮」駅に出れば、東北・北海道新幹線や上越・北陸新幹線の利用も便利だ。

近隣に公共施設が充実

「戸田市立図書館 本館」が近く、気軽に利用できる
「戸田市立図書館 本館」が近く、気軽に利用できる

新曽エリア周辺には「戸田市立図書館 本館」など公共施設も充実している。陸上競技場やテニスコート、プール、トレーニング施設など多彩な施設を持つ「戸田市スポーツセンター」、高校総体の埼玉県予選などでも使用される「北部公園野球場」などスポーツ施設も多い。

ファミリーには、多世代交流ひろば「わいわいスポット」が戸田市内9か所に開設されていることもうれしい。新曽エリア周辺では2019(平成31)年2月にオープンした「新曽福祉センター」のほか、昭和レトロ館を併設する「さくらパル」にある。2020(令和2)年4月にはバスケットボールやフットサルなどもできる「新曽青少年の広場」が誕生し、さらに子どもの楽しみが増えた。

子育てファミリーが暮らしやすい

「北戸田Jキッズステーション」など保育施設が充実
「北戸田Jキッズステーション」など保育施設が充実

新曽エリア周辺には「戸田市立新曽保育園」、「北戸田Jキッズステーション」「太陽の子 新曽北保育園」など保育施設が多く、子育て環境もよい。

ジュニアサッカースクール「キャプテン翼スタジアム 戸田」や幼児クラスもある「レストフットサルシティ戸田」など習い事施設、民間学童「ウィルキッズフィールド戸田新曽クラブ」など子育てをサポートしてくれる施設が近いことも魅力だ。

戸田市は2015(平成27)年度から「国際理解教育推進特区」に指定され、市内の全ての小・中学校でネイティブ教師による英語教育が行われるなど教育内容も充実している。

身近に緑を感じられる住環境

笹目川
笹目川

新曽エリア周辺は緑に親しめる環境も多い。2012(平成24)年度から2015(平成27)年度には「笹目川まるごと再生事業」が行われ、「北戸田」駅近くでも水辺の潤いを感じられるようになった。さらに、戸田市では「水と緑のネットワークプロジェクト」として、かつて荒川沿いに広がっていた戸田ヶ原の自然再生や「どんぐりの森づくり事業」に取り組んでいる。新曽エリア周辺でも2023(令和5)年度の完了を目指し土地区画整理事業が行われており、公園も9か所整備されることになっている。今後、さらに緑に親しめるスポットが充実するだろう。

ショッピング施設が多く、多様な買い物ニーズを満たせる

専門店が集まる「イオンモール北戸田」
専門店が集まる「イオンモール北戸田」

新曽エリアは買い物も便利だ。「北戸田」駅周辺には「マルヤ 北戸田店」や「業務スーパー 戸田店」「オーケー 北戸田店」などスーパーマーケットが充実し、品ぞろえや気分によって買い物先を変えることができる。多彩な専門店が揃う「イオンモール北戸田」も身近で、休日のショッピングの楽しみも多い。

交通アクセスやショッピング施設に恵まれ、子育てしやすい新曽エリア。ここはファミリーを中心に暮らしやすい街として注目されている。