フランス仕込みの幸せを運ぶ洋菓子

Patisserie Porte Bonheur(パティスリー ポルトボヌール)

てんとう虫をお店のシンボルに掲げる街の洋菓子店「Patisserie Porte Bonheur」。洋菓子の世界に進み、フランスでも数年修行したシェフが、フランス菓子の技術をベースに、日本風にアレンジした特製のケーキやフランスの伝統菓子を作っている。

店舗外観
店舗外観

フランス通のお客さんに喜ばれるお菓子もあり、中でも「ガトーマルジョレーヌ」は、生クリームを何層にも重ねた本場の味を日本で楽しめるとあって好評だ。
苺ムースを用いた「ムース・オ・フレーズ」も人気商品の一つで、お店のシンボルのてんとう虫が描かれており見た目も可愛らしい。「フロマージュスフレ」も、とろける様な優しい口当たりが印象的でとても味わい深い。

人気商品の「ムース・オ・フレーズ」と「フロマージュスフレ」
人気商品の「ムース・オ・フレーズ」と「フロマージュスフレ」

素材へのこだわりも強い。「フランスで学んだことは、お店が地元の食材を使うことで地域に貢献する姿勢」と語るシェフは、埼玉県産の小麦粉を使用するなど、「埼玉のお菓子」と言ってもらえるようなお菓子作りを心掛けているのだそうだ。焼き菓子の種類も豊富で、知人宅や親戚を訪れる時の手土産にもぴったり。

焼き菓子も豊富
焼き菓子も豊富

硬めのシュー生地の上にゴマをまぶし、国産のカスタードクリームをたっぷりと詰めた「シュークリーム」も好評。クリームはもちろん、生地自体も味わい深く、大満足の逸品だ。こうした逸品のお菓子たちは、シェフと奥様によって作り出されている。店名の「ポルトボヌール」には、フランス語で“幸せをはこぶ”という意味があるのだとか。

「シュークリーム」
「シュークリーム」

北浦和の街について、シェフは、「学園都市だからでしょうか、暮らしに対して意識の高いお客様が多いです。フランス語に堪能な方もいますし」と、お客さんのお菓子に対する姿勢にも刺激を受けているそうで、それが「もっと美味しいお菓子を作ろう」という気持ちにも繋がっていると仰っていた。

落ち着いた店内の様子
落ち着いた店内の様子

地域の人々との関わり合いの中で、質の高い商品を提供し続ける「Patisserie Porte Bonheur」。この街に暮らす際には、日常に彩りを添えてくれるスポットとしてぜひ利用したい。

Patisserie Porte Bonheur(パティスリー ポルトボヌール)
所在地:埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-24-11 
電話番号:048-711-8875
営業時間:10:00~20:00
定休日:水曜日、第2木曜日
https://www.facebook.com/%E3%83%91%E3%83..

詳細地図