仏教保育を取り入れ、大きな存在に見守られた幼稚園

厚徳幼稚園

仲良く遊ぶ園児
仲良く遊ぶ園児

1956(昭和31)年に開園した「厚徳幼稚園」は、浄土宗廓信寺の境内地にあり、仏教保育を取り入れている。入園式や卒園式は、お寺の本堂で行われるところが特徴だ。「明るく・正しく・仲よく」を保育目標に掲げ、教員と保護者が一丸となって子どもたちの成長を見守っている。
朝の通園にバスを使わない理由について園長先生は「ご自宅から幼稚園までの道のりは、親と子どもが触れ合う時間でもあります。保護者の方にも協力いただき、通園いただいてます」とのこと。「お遊戯会の衣装や誕生日プレゼントは、先生方が手作りします」と言うとおり、先生方の愛情に包まれた幼稚園だ。

園庭にあるお地蔵さん
園庭にあるお地蔵さん

毎朝、朝礼を欠かさず、園庭にあるお地蔵さんに手を合わせることから1日をスタートさせる。「子どもたちは、お地蔵さんに手を合わせることが習慣になっています。大きなものに見守られていることを実感しながら生活することができています」と園長先生。保護者からの評判もいい。

授業風景
授業風景

年間行事にも仏教に触れる機会があり、4月はお釈迦様の誕生日「花まつり」、12月は、お釈迦様が悟りをひらいた日の「成道会(じょうどうえ)」、2月はお釈迦様が一生を終えられた日「涅槃会(ねはんえ)」を、特別な日としている。7月のお盆の「みたままつり」では、浴衣や甚平を着て盆踊りを行う。年長になると、お寺でお茶のお稽古も行っている。

教室の様子
教室の様子

1週間のうち3日は給食で仕出し弁当が出される。残り2日はお弁当を持参して食べる。仕出し弁当については、「仏教幼稚園だからといって精進料理を出すわけではありません。ハンバーグなど子どもが好きなおかずもありますし、栄養バランスを考えたメニューになっています」とのこと。御仏様とお父さんお母さんに感謝の合掌をしてから食事を始める。

厚徳幼稚園
厚徳幼稚園

週1回は、体操の先生を招いて体操クラスを開催。技術と心の成長を支える内容になっている。園庭も広く、取材した日も子どもたちが元気に走り回っていた。幼稚園の他、預かり保育「さくら組」や、未就園児親子登園「ちゅうりっぷ組」など、子育て世代のママさんを応援するサービスも行っている。

厚徳幼稚園
所在地:埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-16-21 
電話番号:048-824-1582
保育時間:9:00~13:50(第2・第4水曜日は~11:50)
預かり保育時間:8:00~保育時間前、保育終了後~18:00(延長預かり時間含む)
http://koutoku.youchien.net/

詳細地図