大型商業施設も開業する上福岡エリアの魅力あるまちづくり

イオンタウンふじみ野
イオンタウンふじみ野

埼玉県ふじみ野市の中心に位置する上福岡エリア。「上福岡」駅からは「池袋」駅へ乗り換えなしで移動でき、東京メトロ有楽町線や副都心線への直通電車もあるため、都心部へのダイレクトアクセスも可能だ。さらにふじみ野市ではまちづくりが進行中で、エリアでも駅前や道路の整備が進む他、2020年には大型商業施設が開業。今後、ますます生活利便性が向上することが期待されている。

大型商業施設「イオンタウンふじみ野」の建設

上福岡エリアで注目なのが、大型商業施設「イオンタウンふじみ野」だ。「上福岡」駅東口から徒歩12分、日本無線の跡地を利用して2020(令和2)年11月に開業した。3階建ての施設内に約90のテナントが出店しており、無料駐車場も1,800台分整備されている。また各フロアにコンセプトが掲げられているのも特徴で、1階が「食とウェルネスライフのフロア」、2階が「知・学とデジタルライフのフロア」、3階が「アーバンアクティブライフのフロア」となる予定だ。ちなみに施設前を走る「上野台中央線」の拡幅整備も予定されており、完成すれば遠方からも人が訪れるだろう。また、駅から徒歩でアクセスする人によって、駅東口の活気が増すことも期待されている。

イオンタウンふじみ野
イオンタウンふじみ野

拡張予定の「上野台中央線」が交わる「市役所前」交差点
拡張予定の「上野台中央線」が交わる「市役所前」交差点


上福岡エリアのまちづくり方針

ふじみ野市は都市計画マスタープランによって、地域別のまちづくり方針を示している。上福岡エリアでは3つの目標を策定。1つ目は「安全・快適で便利な道とまちをつくる」こと。「上福岡」駅東口前と「福岡中央公園」を結ぶ「上福岡駅前通線」の整備促進、「福岡中央公園」前の交差点から南東へのびる「桜通線」の整備促進、「上野台中央線」の拡張整備などが予定されている。2つ目と3つ目は「駅周辺が賑わい、商店街などの活力があるまちをつくる」ことと、「市の中心地として美しく質の高い都市空間をつくる」こと。駅東口広場の整備促進や、駅の東西をつなぐ動線の確保、さらに東西市街地を結ぶバス交通のサービス拡充などが予定されている。すでに動き出している開発もあり、2019(令和元)年から2カ年計画で、「上福岡」駅東口のロータリーに横断歩道橋を設置。これにより歩行者の混雑や交通渋滞を緩和することが期待されている。また、市では3つの目標と共に「人々が集い、活力と賑わいのあるふじみ野市の顔となるまちづくり 」という将来像も示している。今後それぞれの目標が実現すれば人の流れが生まれ、商業施設も充実する可能性があり、利便性が高まるだろう。

工事が進む「上福岡」駅東口
工事が進む「上福岡」駅東口


「上福岡」駅西口の再開発

「上福岡」駅西口は、すでに再開発が完了しており、美しく賑わいある街並となっている。1992(平成4)年に上福岡駅西口住宅市街地総合整備事業の整備計画が、駅西側約35haの区域で策定。2006(平成18)年には、従前の2倍もの大きさとなる駅前広場が整備された。これによって夏祭り、フリーマーケット、ライブパフォーマンスなどにも活用され、新たな賑わいを見せている。また、バスの乗り入れも可能となったため、交通利便性が大幅に向上。さらにショッピングモール、クリニックモール、公共施設などが多く集まる複合施設「ココネ上福岡」も開業し、生活利便性の向上が実現した。再開発による効果は、駅の1日平均乗降客数にも見られ、2006(平成18)年には5.4万人であったが、2017(平成29)年には5.7万人となり、増加傾向となっている。

「上福岡」駅西口の整備されたロータリー
「上福岡」駅西口の整備されたロータリー

複合施設「ココネ上福岡」
複合施設「ココネ上福岡」


子どもから大人までがふれあえる街

都市マスタープランでは、駅周辺や道路の整備だけでなく、「福岡中央公園」や「福岡江川緑道」の緑、毎年8月の風物詩である「上福岡七夕まつり」などの歴史的・文化的な地域資源を活用することも示している。これによりふれあいの場が充実し、子どもから大人までがより暮らしやすい街になっていくだろう。

福岡中央公園
福岡中央公園


【ふじみ野市周辺のおすすめ物件はこちら】
【NEW・Young Series】サンガーデン上福岡(川崎)
【NEW】サンガーデン上福岡(長宮)
【会員限定】ロマンティア上福岡(富士見台)

 

ふじみ野市・富士見市で住まいを探したい方はこちら

近藤不動産株式会社

東武東上線沿線で50年
近藤不動産は幸せが集う街と暮らしを作ります