プラネタリウムにキャンプ場、充実設備が魅力の地域交流拠点

新座市児童センター

新座市児童センター
新座市児童センター

遊びを通して、子どもたちの健やかな成長と豊かな情操を育むことを目的とし、0歳から(未就学児は保護者の方同伴)18歳までの幅広い年齢の子どもたちのための施設として利用されている「新座市児童センター」。「モリモリメンバーズカード」という専用カードを発行、もしくは利用者受付簿に必要事項を記入すれば、年齢は関係なく誰でも利用することができる。

プレイルームには跳び箱等の遊具の他、ステージも完備
プレイルームには跳び箱等の遊具の他、ステージも完備

こちらの「児童センター」の魅力は、何といっても充実した設備。1階には、マットやクライミングウォールがあるプレイルームの他、卓球台やパソコンコーナー、ゲームや折り紙などの遊び道具や展示スペースもあるアトリエ「ゆう」、さらに授乳室が完備されたコミュニティルームがある。また2階には、汽車コーナーや乳幼児のプレイルーム、そして児童館には珍しいプラネタリウムに、地域子育て支援センター「セサミ」が入居している。

プラネタリウムは、ドーム直径10M、座席97席のコニカミノルタ製
プラネタリウムは、ドーム直径10M、座席97席のコニカミノルタ製

「星のシアター」と呼ばれるプラネタリウムは無料で観覧でき、子どもだけではなく大人にも大人気。プログラムは1年に1回変わり、星空観賞会や宇宙をテーマにしたアニメーション、また地域住民とのコラボ企画など幅広いプログラムを提供している。また、「セサミ」では親子で楽しめるゲームやダンス、ランチ会といった催しを実施している他、子育てに関する情報交換ができるのでお友達づくりの場にもなっている。

児童センター地域子育て支援センター「セサミ」
児童センター地域子育て支援センター「セサミ」

さらに、館外には遊具のある広場とキャンプ場を完備。利用条件を満たしていれば、こちらも無料で利用可能。現在、研修活動や野外体験活動、レクリエーション活動等、さまざまな目的で利用されている。

キャンプに使う食器や調理器具等も貸出無料
キャンプに使う食器や調理器具等も貸出無料

そうした設備の他にも、センターでは利用者が楽しめる様々な活動を実施。乳幼児の運動会や野菜の収穫、プログラミングやアートが学べるイベント等、内容は多種多様。また、子どものいるお父さんの有志グループ「お父さん盛上げ隊」が主催する「お父さんの応援プログラム」など、子育て中のお父さん向けの活動も展開中。
学区や年齢のくくりなく誰でも利用できる施設なので、利用者の居住エリアも様々。普段の生活とはまた違う、ここでの新たなつながりを作ることができるのも「児童センター」の魅力のひとつだ。

新座市児童センター
所在地:埼玉県新座市本多1-3-10 
電話番号:048-479-8822
開館時間:9:00~18:00(小学生以下は17:00まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日も休館)、祝日(5/5を除く)、年末年始(12/29~1/3)
https://sites.google.com/a/ccn01.mygbiz…

詳細地図