「大宮」の由来になった日本屈指の古社

武蔵一宮 氷川神社

武蔵一宮 氷川神社 桜門
武蔵一宮 氷川神社 桜門

古代に「武蔵野国」と呼ばれた一帯、現在の東京都と埼玉県には「氷川神社」の名がついた神社が200社以上点在している。それらの神社の総本社であり、「大いなる宮居」と称えられたことから「大宮」の地名が生まれたとされる日本屈指の古社「武蔵一宮 氷川神社」。

武蔵一宮 氷川神社 御拝殿
武蔵一宮 氷川神社 御拝殿

『日本書紀』に記された伝説の天皇の御代に創建されたと伝えられる2,400年以上もの歴史を持ち、古代・平安時代の書物にも度々その名が出てくる神社は、現在も関東一円の信仰を集め、初詣と、毎年初夏に開催される薪能には、大勢の参拝者が訪れて賑わう。

武蔵一宮 氷川神社
所在地:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407 
電話番号:048-641-0137
拝観時間:春秋(3・4・9・10月) 5:30~17:30、夏(5~8月) 5:00~18:00、冬(11~2月) 6:00~17:00
https://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

詳細地図

読み込み中

あわせて読みたい。関連ページ