さいたまの自然を満喫する運動公園

大和田公園・大宮第二公園・大宮第三公園

「大和田公園」内にある「市営大宮球場」
「大和田公園」内にある「市営大宮球場」

東武野田線 「大宮公園駅」から徒歩15分の場所にある「大和田公園」は、スポーツレクリエーションの場として多くの人に利用されている市立公園。両翼91メートル、中堅122メートル、10,000万人を収容できる「さいたま市英大宮球場」では、プロ野球のイースタンリーグも開催される。全天候型のテニスコートは7面あり、照明設備も整っているので夜間のプレーも楽しめる。

テニスやプールを楽しむのはもちろん、ウォーキングにもぴったり
テニスやプールを楽しむのはもちろん、ウォーキングにもぴったり

夏季にオープンするプールは市民プールとは思えないほど本格的な造りになっている。競泳用のほか、流れるプールや、水深が浅く幼児も安心して遊べるプール、全長63.5メートルの「アドベンチャースライダープール」など、老若男女が楽しめる空間となっている。

大和田公園・大宮第二公園・大宮第三公園
大和田公園・大宮第二公園・大宮第三公園

「大和田公園」の南には「大宮第二公園」と「大宮第三公園」が隣接している。「大宮第二公園」は、テニスコートや軟式野球場といったスポーツ施設のほかに、茶室や展示ギャラリーなど文化施設も整備されている。園内には520本の梅があり、毎年2月には「梅まつり」が盛大に行われる。

可愛らしいピンクの梅に春の訪れを感じる
可愛らしいピンクの梅に春の訪れを感じる

サクラやアジサイなど、四季の変化に応じてさまざまな花を愛でることができるのも特徴である。「チビッコ広場」にはブランコや滑り台など、幼児向けの遊具が設置されており、週末には多くの家族連れで賑わいを見せる。

心安らぐ田園風景
心安らぐ田園風景

2001(平成13)年に開園した「大宮第三公園」は、見沼田んぼの自然と景観を活かした、木と草の「緑」、沼や流れの「水」、大地の「土」、太陽の「光」をテーマにしてつくられた緑豊かな公園である。スポーツ施設というよりも、のんびりとリラックスできる空間が広がる。

春はお花見も楽しめる
春はお花見も楽しめる

地震など災害がおこった際の避難場所や活動拠点となる防災機能を備えている。生活圏内に自然豊かな公園があるのは、生活にゆとりを与えてくれるに違いない。

大和田公園・大宮第二公園・大宮第三公園
所在地:埼玉県さいたま市大宮区寿能町 
電話番号:048-642-0478(大和田公園)、048-642-2228(大宮第二公園・大宮第三公園)
https://www.city.saitama.jp/004/006/003/..
https://www.omiya2-3.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ