物件レポート

“文教のまち”浦和エリアの歴史と現在の教育環境をご紹介します!

埼玉県内有数の文教地区として知られる浦和エリア。『トラディバイス浦和プレシャスタイム』は「浦和」駅へバスで気軽にアクセスできる場所に位置しており、魅力ある教育環境を享受できます。そこで浦和エリアの“文教のまち”としての歴史とともに、物件周辺にどんな施設があるのかをご紹介します!

(市営)浦和北公園の入り口と園内にあるバンカラ像
(市営)浦和北公園の入り口と園内にあるバンカラ像

文化を感じる「浦和」エリアの歴史

浦和エリアの文教地区としての歴史は、明治初期まで遡ります。1873(明治6)年、旧埼玉県に教員養成機関が誕生した後、「埼玉県師範学校」へと変革。「埼玉県女子師範学校」も開校され、全国から多くの優れた学生が集まってきました。また、明治中期から大正時代にかけて「旧制浦和中学校」や「旧制浦和高等学校」、「埼玉女学校」が開校。そして1943(昭和18)年、「埼玉県師範学校」と「埼玉県女子師範学校」が統合し「官立埼玉師範学校」を設立。その後1949(昭和24)年に「埼玉大学」が発足したことにより、それらは包括され「現埼玉大学文理学部」になりました。

「旧制浦和中学校」は「埼玉県立浦和高等学校」、「埼玉女学校」は埼玉「埼玉県立浦和第一女子高等学校」と改称し、現在に至っています。ちなみに「県立北浦和公園」は、元々「旧制浦和高等学校」だった土地で、当時の正門がそのまま現存。その隣の「市立浦和北公園」も同じく校地だったことから、当時の学生がモデルのバンカラ像が設置されています。

全国レベルの進学校

多くの東京大学合格者がいる「埼玉県立浦和高等学校」
多くの東京大学合格者がいる「埼玉県立浦和高等学校」

文教地区の歴史を伝えている

現存する「旧制浦和高等学校」の正門
現存する「旧制浦和高等学校」の正門


現在も変わらない全国有数の文教地区

このような歴史を経て、現在も浦和エリアは文教地区として歩み続けており、様々な教育施設が点在しています。「埼玉県立浦和高等学校」は、東京大学合格者数が公立校で全国1位になった実績がある男子校で、2021(令和3)年にも合格者を46名輩出。難関大学への進学実績向上や、国際的に活躍できる人材育成に重点を置く「進学指導重点推進校」として県より指定されており、全国レベルの進学校となっています。「埼玉県立浦和第一高女子高等学校」も、2021(令和3)年に6名が東京大学に合格した進学校。県内の公立高校では、浦和高校、大宮高校に次いで3番目の実績を誇っています。

また、「さいたま市立浦和高等学校」も進学校として有名で、毎年100人近い生徒が全国各地の国公立大学に合格し、MARCHなど有名私立大学への進学を果たしています。2007(平成19)年には「さいたま市立浦和中学校」も併設開校し、中高一貫教育校となりました。中学校は各学年80名のみとなっており、小規模校ならではの教育プログラムが実施されています。さらに前述した師範学校附属の施設が、今もなお「埼玉大学教育学部附属幼稚園」「埼玉大学教育学部附属小学校」「埼玉大学教育学部附属中学校」としてあり、それぞれ充実した教育が行われています。

女子校でトップレベルの偏差値

県内最古の女子校である「埼玉県立浦和第一高女子高等学校」
県内最古の女子校である「埼玉県立浦和第一高女子高等学校」

高校サッカーの強豪校でもあります

中高一貫教育の「さいたま市立浦和中学校・高等学校」
中高一貫教育の「さいたま市立浦和中学校・高等学校」


自然豊かな環境と充実した学習指導が魅力の通学区

続いて『トラディバイス浦和プレシャスタイム』周辺の教育環境を見てみましょう。通学区の「さいたま市立中尾小学校」は、湧き水を利用し、「中尾川」を作ったり、「なかよし沼」や「ことりの広場」を作ったりと自然への取り組みを数多く行っています。また学校農園には、ススキやクヌギ、コナラなどの樹々が育ち、土や生き物と触れ合ったり、四季の自然を感じたりすることもできます。また、さいたま市の研究指定校として学習指導の充実にも取り組んでいます。

さいたま市立東浦和中学校」も同じく浦和市の学校として開校し、75年の歴史があります。こちらの学校は、さいたま市が導入を進めるコミュニティ・スクールの先行実施校となっており、学校・家庭・地域が目標やビジョンを共有し、子どもの成長を支えつつ見守っています。さいたま市立の学校では、その他にも特色ある取り組みを行なっています。たとえば小学校では放課後チャレンジスクールによって、子どもたちの放課後の居場所を確保。さらに全ての市立小・中学校で土曜チャレンジスクールが開かれており、土曜日の自主的な学習や体験活動をサポートしています。その他にも小中学校一貫のカリキュラムで英語教育を行うなど、教育環境が整えられています。

学校農園があり自然豊か♪

校庭が広々な「さいたま市立中尾小学校」
校庭が広々な「さいたま市立中尾小学校」

コミュニティ・スクールの先行実施校

75年の歴史がある「さいたま市立東浦和中学校」
75年の歴史がある「さいたま市立東浦和中学校」


子育てファミリーに嬉しい周辺施設

保育園が徒歩圏内に充実しているので、子育て家庭も安心です。市立なら「尾間木保育園」や「原山保育園」があり、1歳児以上を午前7時30分から午後7時30分まで預かってくれます。私立は「エンゼル乳幼児園」が0歳児から2歳児までを預かっており、午前7時から午後7時まで開園しています。「るい保育園」では0歳児から5歳児までを預かっており、午前7時15分から午後7時15分まで開園。こちらには子育て支援センター「カトレア」も併設されており、園庭開放や紙芝居の読み聞かせ、育児相談なども行なっています。さらに2019(令和元)年には「保育園大きなぞうさん浦和中尾」が、『トラディバイス浦和プレシャスタイム』すぐ近くに誕生。0歳時から5歳児を預かっており、午前7時から午後7時まで開園しています。

幼稚園も歴史ある2施設が徒歩圏内にあり、地域に根差した保育を実施しています。「原山幼稚園」では専門講師による体操やリトミック、英語、ヒップホップダンスの指導が行われており、充実した園生活を送れます。「浦和みずほ幼稚園」は、スポーツクラブやピアノ、バイオリン、美術など課外教室が充実。どちらの園でも、午後5時まで預かり保育を実施。また、未就園児教室が開かれているので、事前に園の様子を知ることもできます。

トラディバイス浦和プレシャスタイム
すぐ近く!

2019年開園「保育園大きなぞうさん浦和中尾」
2019年開園「保育園大きなぞうさん浦和中尾」

預かり保育も実施しています

専任講師の指導が充実する「原山幼稚園」
専任講師の指導が充実する「原山幼稚園」


子どもの探求心や好奇心を刺激する施設が点在

子どもの知的好奇心を満たす文化施設が身近に揃っているのも魅力です。「さいたま市青少年宇宙科学館」は、プラネタリウム館と科学館で構成される施設。サイエンスショーや理科工作教室なども行われており、子どもが宇宙科学を楽しく学べるスポットとなっています。

さいたま市東浦和図書館」では児童書が揃うだけでなく、おはなし会も開かれているので、小さい頃から読書を身近に感じることができます。他にも「浦和」駅東口の「コムナーレ」8階には蔵書数全国第3位を誇る「さいたま市立中央図書館」があり、約358万点の本から様々な世界に触れることができます。

また、駅近くの「うらわ美術館」では、地域ゆかりの作家や本に関するアートを展示しており、教育普及事業として、本のワークショップや市内の小中学校向けに展示会情報誌の配布も行っています。さらに前述の「県立北浦和公園」内にも「埼玉県立近代美術館」があり、ピカソやモネなど海外の巨匠から日本の現代作家までを展示。合わせて利用すれば、よりアートを身近に感じることができるでしょう。

プラネタリウムがある

宇宙科学を楽しく学べる「さいたま市青少年宇宙科学館」
宇宙科学を楽しく学べる「さいたま市青少年宇宙科学館」

教育普及事業も実施

「浦和」駅近くにある「うらわ美術館」
「浦和」駅近くにある「うらわ美術館」


塾や習い事の教育環境も豊富

学習塾をチェックしてみると、さすが文教のまちとあって数多く揃っています。『トラディバイス浦和プレシャスタイム』から徒歩圏内なら、「個学自学のノートス」や「進学塾 スクール21 浦和原山教室」などが通いやすい距離。「浦和」駅前には「湘南ゼミナール 小中部 浦和教室」や「東京個別指導学院 浦和教室」などがあります。さらに進学校「埼玉県立浦和高等学校」最寄りの「北浦和」駅前にも注目です。「明光義塾北浦和駅前教室」や「国大セミナー北浦和西口校」、「早稲田アカデミー北浦和校」、「ラサール進学教室」など数多く点在しているので、子どもに合った施設を見つけることができるでしょう。

他にも徒歩圏内の英会話教室「カルガモイングリッシュスクール 三室校」も要チェックです。教育を通じて世界平和を目指す国際NPO・国際バカロレアのカリキュラムを取り入れており、小さい頃から英語に触れることができます。小学生ならアフタースクールとしての利用もOK。プリスクールもあり、全ての会話を英語で過ごすだけでなく、広い園庭でのびのび遊ぶこともでき、満足いく保育環境となっています。

完全個別カリキュラム

物件近くの学習塾「個学自学のノートス」
物件近くの学習塾「個学自学のノートス」

プリスクールも

英会話教室「カルガモイングリッシュスクール 三室校」
英会話教室「カルガモイングリッシュスクール 三室校」


スポーツを楽しむ環境も整っている

運動系の習い事も「瀬ヶ崎スイミングクラブ」をはじめ、サッカー教室が開かれている「フットパル浦和道祖土」やテニススクール「テニスゼロ浦和 Tennis Club」などが徒歩圏内にあるので、子どもが興味を持ったスポーツをさせることができます。また、サッカーのまちとしても知られる浦和ならではのスポットもあります。「駒場運動公園」は「浦和駒場スタジアム」を有しており、浦和レッズの試合やなでしこリーグを開催。全面人工芝のサブサッカーコートもあり、一般利用ができます。その近くには「原山市民プール」があり、スライダーや流水プールも設置されているので毎年多くの子どもで賑わいます。

いかがだったでしょう。『トラディバイス浦和プレシャスタイム』周辺は保育施設から有名進学校までが揃っており、納得の教育環境となっていましたね!

親子で参加できる教室もあります

サッカー教室が開かれている「フットパル浦和道祖土」
サッカー教室が開かれている「フットパル浦和道祖土」

プロサッカーの試合も開催

「駒場運動公園」内にある「浦和駒場スタジアム」
「駒場運動公園」内にある「浦和駒場スタジアム」


発見ポイント!

子育て支援センターも併設の「るい保育園」
子育て支援センターも併設の「るい保育園」

  • (1)有名進学校や文化施設が身近にあり、アカデミックな環境が広がってる!
  • (2)保育園や幼稚園だけでなく、プリスクールも徒歩圏内にある!
  • (3)通学区の小学校には農園があり、自然にたくさん触れることができる♪