「やしおエンゼル保育園」園長インタビュー

毎日いろいろな公園で外遊びを楽しむ「やしおエンゼル保育園」

つくばエクスプレス「八潮」駅北口から徒歩約7分。閑静な住宅街にある「やしおエンゼル保育園」は、2015(平成27)年4月に開園した私立の認可保育園だ。今回は園長の鈴木沙恵子先生に、同園の特徴や八潮エリアの魅力について伺った。

毎日の外遊びや成長を披露する発表会を重視

「やしおエンゼル保育園」
「やしおエンゼル保育園」

――まずは園の概要をお聞かせください

鈴木園長:4年ほど前にできた、比較的新しい保育園です。対象は0歳~5歳まで。定員数は80名で、現在74名のお子さんを預かっています。0~2歳児の各クラスが現在定員いっぱいで、3~5歳児の3クラスにそれぞれ1~3名の空きがある状況です。通常保育は7~18時で、19時まで1時間の延長保育も実施しています。

みんな大好きな絵本タイム
みんな大好きな絵本タイム

――施設の設備で特徴やこだわりはありますか

鈴木園長:嬉しい設備としては、1階の部屋に床暖房が入っていること。床自体が暖かいのはもちろん、空気が下から温まるので背丈の低い乳幼児にはぴったりです。また、照明の色が蛍光灯のような青白い色ではなく、オレンジ系の温かみのある光なのも特長です。

給食を食べる様子
給食を食べる様子

――園庭がないようですが、外遊びなどはどうされていますか

鈴木園長:よく親御さんからも聞かれるのですが、当園には園庭はありません。ですが、園庭がなくても子どもたちの足腰がしっかりと鍛えられるよう、天気が許す限りは毎日出かけています。すぐ近くにある「木曽根児童公園」をはじめ、「やしお駅前公園」「大瀬北公園」「八潮中央公園」「大原公園」など、この辺りには園児を遊ばせられる公園がたくさんあって、外遊びには困りません。秋には少し離れた足立区の「六木中央公園」まで歩くこともありますよ。

お箸を上手に使う園児たち
お箸を上手に使う園児たち

――どんな保育活動に力を入れていますか

鈴木園長:数字やひらがなを書くワークやリトミックといった年齢に合わせた知育や、とび箱などで足腰を鍛える運動を積極的に取り入れています。行事で最も力を入れているのは発表会で、3~5歳児は「オペレッタ」といわれる歌やダンスを取り入れた劇を披露します。人前で大きな声で話すことは自分の意思をしっかり伝えることにつながるので、小学校入学をひかえた5歳児は特にしっかりとみています。大好きなママに見てもらえるということで、普段は声の小さな子でも発表会では頑張れることも多いんですよ。これが自分への自信にもつながっています。2、3歳児も保育参観の中でミニ発表会を実施しています。椅子にすわって待てたり、大きな声で返事ができたり、発表以外でも保護者に成長を披露する場になっています。

笑顔と共感を大切にし、善悪の区別を伝える

子どもたちの絵が飾られた廊下
子どもたちの絵が飾られた廊下

――園児と接する際に心がけていることを教えてください

鈴木園長:基本的なことですが、子どもたち一人ひとりの声を聞き逃さないよう注意しています。しっかり聞いて、共感と理解をしてあげることがとても大切です。あとは笑顔で接することと、善悪の区別をきちんと教えること。もちろん2~3歳までは「危ないよ」「ダメだよ」と注意するしかないんですが、4~5歳になれば「どうしてだめなのか」「どうして良いのか」などを 少しずつ理解できるように、その都度きちんと説明して教えるようにしています。

歯磨きタイム
歯磨きタイム

――今後、園として力を入れて取り組んでいきたいことについて教えてください

鈴木園長:今年の4月から2歳児に絵本を使った漢字教育を始める予定です。まだ構想段階なんですが、登場人物などを絵の代わりに漢字で表現してみようと考えています。子どもたちがよく知っているお話なら、理解しやすいのではないかと思っています。

子育てしやすいのどかな環境が八潮の魅力

交代で雑巾がけ
交代で雑巾がけ

――地域の方との交流などはありますか

鈴木園長:今のところ都合が合わなくて実現できていないのですが、高齢者施設を訪問して地域のお年寄りと園児を交流させたいと考えています。いろんな人と交流することはとても大切ですし、お年寄りとなら穏やかな交流ができ、子どもたちも落ち着いて楽しめるのではないかと思います。

ブロック遊びに夢中
ブロック遊びに夢中

――最後に、八潮エリアの魅力を教えてください!

鈴木園長:駅周辺には幹線道路がありますが、基本的にはのどかな場所ですね。この辺は住宅街ですが、少し歩けば畑も多いので、お出かけの途中で「あれは大根だよ」なんて園児によく教えています。子育てにはすごく良いところでしょう。あと、当園以外にも駅の近くに保育施設が多いと思います。私が子どもを預けている施設は、駅から徒歩30分くらいかかるんです。毎日のことですから、仕事帰りにお迎えに行く保育施設が駅から近いとラクだと思います。

その日の子どもたちの様子を伝える玄関のボード
その日の子どもたちの様子を伝える玄関のボード

「やしおエンゼル保育園」
「やしおエンゼル保育園」

やしおエンゼル保育園

園長 鈴木沙恵子先生
所在地 :八潮市八潮4-4-6
電話番号:048-998-1717
URL:yashio-angel.com
※この情報は2019(平成31)年2月時点のものです。