県有形文化財指定の川越城遺構

川越城本丸御殿

川越城本丸御殿
川越城本丸御殿

「川越城」は、扇谷上杉持朝(もちとも)が古河公方足利成氏(しげうじ)に対抗するため、1457(長禄元)年に家臣の太田道真(資清)・道灌(資長)父子に命じて築城された。1537(天文6)年には後北条氏が占拠し、周辺の旧上杉氏所領を直轄領に組み込み、城代として譜代の重臣大道寺氏を配置した。1590(天正18)年、豊臣秀吉の関東攻略に際し、前田利家の攻撃を受け落城、その後、川越藩の基礎が成立した。

川越城本丸御殿
川越城本丸御殿

1639(寛永16)年に藩主となった松平信綱は「川越城」の大幅な拡張・整備を行い、総坪数は堀と土塁を除いて4万6千坪となった。その後も明治維新に至るまで、幕府の要職にある大名が置かれた川越城は、2006(平成18)年に財団法人日本城郭協会から「日本100名城」の選定を受け、今に至る。そんな550年以上続く歴史を肌で感じられるのが「川越城本丸御殿」だ。

川越城本丸御殿
川越城本丸御殿

春になると、中庭に植えられた桜が花吹き、優雅なお花見をすることができる。この時期になると、縁側には座布団が並ぶ。のんびりと流れる時間の中で季節の移ろいを感じられる「スペシャルシート」だ。また、「小江戸川越春まつり」には川越藩鉄砲隊が登場し、当時にタイムスリップしたかのような趣を味わえる。

川越城本丸御殿
川越城本丸御殿

その他にも、鎧兜に身を包み武士の雰囲気を楽しめる子ども体験教室や、袴姿の侍がお出迎えをしてくれるイベントなどが開催されている。記念撮影もできるので、ファミリー世代は一度は参加してみたいイベントではないだろうか。江戸、明治、大正と長い歴史の中そこにあり続け、学校の授業で学ぶような歴史的建造物が生活の身近にあるのは、このエリアに暮らす特権の一つと言える。

川越城本丸御殿
所在地:埼玉県川越市郭町2-13-1
電話番号:049-222-5399(川越市立博物館)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)、館内整理日(第4金曜、祝日の場合は開館)
入館料:一般 100円、大学生・高校生 50円、中学生以下無料
http://museum.city.kawagoe.saitama.jp/ho..

詳細地図