東川口エリアサイトHIGASHIKAWAGUCHI

便利なのに自然も豊か♪「東川口」駅南口エリアを散策して住環境をレポート!

「東川口」駅には、埼玉高速鉄道とJR武蔵野線が乗り入れており、アクセス利便性が抜群です。カーアクセスも良好で、周辺には東京外環自動車道や首都高川口線、東北自動車道のICが点在。それでいて自然豊かな公園が多くあり、子育て家族も暮らしやすい環境が広がっています。今回は駅南口エリアを歩いて、住環境や区画整理事業でより便利になる様子をレポートします!

ファミリーで賑わう「北原台公園」
ファミリーで賑わう「北原台公園」

綺麗な駅南口広場と閑静な住宅街が広がる

まずは「東川口」駅の2路線が乗り入れるアクセス環境を見てみましょう。埼玉高速鉄道は、東京メトロ南北線や東急目黒線と直通しており、都心へのアクセスに便利。JR武蔵野線の沿線には大型ショッピング施設が充実しており、休日のショッピングでの移動に便利です。

駅南口へ出ると、綺麗に整備された駅前広場が広がります。緑が多く配置されており、歩道も広いので子連れでも歩きやすそうです。駅前広場を後にして、エリアを歩いてみると落ち着いた住宅街となっており、大通りにはきちんと歩道が整備されています。

緑が多くて歩道も広々

「東川口」駅南口の駅前広場
「東川口」駅南口の駅前広場

のんびりした環境で暮らせます

駅南口エリアの住宅街
駅南口エリアの住宅街


道路の開通や区画整理事業でさらに利便性がアップ

現在も県道や市道で快適に車移動できますが、2024(令和6)年3月には「戸塚差間線」の整備も完了します。南口エリアの中心を東西に走る新しい道で、その北側の敷地は大きな公園になる計画も立てられているので、さらに住環境がアップする予感です。

駅南口前では、公共施設等の整備が進められ、2024(令和6)年5月に「東川口駅前行政センター」が新たに完成予定。各種手続きや書類の入手が可能となり、平日夜間や土日祝日も開所する予定です。同建物には「武南警察署東川口駅前交番」も併設されるので、利便性と治安が合わせてアップします。

2024(令和6)年3月に開通予定

整備が進む「戸塚差間線」
整備が進む「戸塚差間線」

2024(令和6)年5月に開所予定

駅南口前の「東川口駅前行政センター」建設地
駅南口前の「東川口駅前行政センター」建設地


大小の公園で自然を感じながら暮らせる

駅南口エリアには多くの公園が点在しているので、自然を感じながらのびのび暮らせます。「行衛北公園」は、緑に囲まれた園内に滑り台やブランコがあり、小さなグラウンドも設けられています。町会による「納涼盆踊り大会」や「子ども会」などの会場にもなっており、1年を通して地域住民が交流を持ちやすい環境が整えられています。

戸塚中台公園」は、通学指定校の小学校近くにある大きな公園。雑木林に囲まれ、丘になった芝生広場にアスレチック遊具が設置されており、夏にはじゃぶじゃぶ池で水遊びもできます。そこから南へ進むと「戸塚下台公園」も広がっており、竹林と雑木林を生かした2段づくりの園内で、かけっこしたり遊具で遊んだりできます。「北原台公園」は、訪れた際にちょうど紅葉が綺麗で、アスレチック遊具やブランコで遊ぶファミリーでにぎわっていました。

盆踊りや子ども会の催しが行われています

遊具やグラウンドがある「行衛北公園」
遊具やグラウンドがある「行衛北公園」

夏にはじゃぶじゃぶ池で水遊びができます

自然の雑木林に囲まれる「戸塚中台公園」
自然の雑木林に囲まれる「戸塚中台公園」


保育園が多くあるので仕事で忙しいパパ・ママも安心

続いて子育て環境を見てみましょう。保育園はどの園も保育内容が充実しているので、安心して預けることができそうです。「たいよう保育園 東川口園」は、2018(平成30)年にできたばかりで、よく食べる・寝る・遊ぶ・学ぶことを4大保育方針にしています。その翌年にできた「東川口あら川保育園」は、読み書き、計算、かけっこ、食育などに力を入れています。

東川口鳩笛保育園」は洋館のような外観の園舎で、自己肯定を大切にする保育を実施。「アスク東川口保育園」は、平日は20時まで延長保育可能で、地域子育て支援センターも併設しています。1〜2歳までを預かる「東川口保育園えくぼ」という小規模保育園も徒歩圏内です。その他にも駅前に「みんなの保育園東川口」や「赤芝第二保育園」などがあるので、選択肢がかなり多いといえるでしょう。

園庭が広々としています

認可保育園「たいよう保育園 東川口園」
認可保育園「たいよう保育園 東川口園」

英語や体操の課外教室もあります

認可保育園「東川口あら川保育園」
認可保育園「東川口あら川保育園」


児童館が身近にあり、季節の行事も楽しい

子育て支援施設も身近に多くあります。「川口市 戸塚児童センターあすぱる」は、「戸塚下台公園」近くにある児童館。乳幼児室や遊戯室、図書コーナーなどで楽しく過ごせるだけでなく、子ども家庭相談室も設けられています。そこから道路を渡ったところにある、「戸塚保健ステーション(子育て世代包括支援センター)」でも、保健師・助産師に健康や育児について相談可能。こちらでは母子健康手帳の交付や、妊婦面談も行われています。

戸塚西公民館」は、「北原台公園」近くに立っており、おやこのあそび広場やおはなし会などを開催。季節のイベントも催されており、前述の「行衛北公園」や「七郷神社」などで開かれるお祭りと共に、地域の子どもの楽しみとなっています。

乳幼児室や遊戯室などがあります

「川口市 戸塚児童センターあすぱる」
「川口市 戸塚児童センターあすぱる」

おやこのあそび広場などを開催

「戸塚西公民館」
「戸塚西公民館」


通学指定校の小中学校はそれぞれ特色があり、習い事施設も充実

通学指定校の「川口市立戸塚小学校」は、150年の歴史がある学校です。緑に囲まれているうえ、目の前には「戸塚中台公園」も広がっており、自然を感じながら学校生活を送れます。「川口市立戸塚西中学校」は、市内で最も新しい中学校となっており、部活動が盛んで好成績を残す部も多くあります。

その他の教育環境を見てみると、駅前を中心に習い事施設がそろっています。塾なら駅から500m圏内に「個別指導臨海セレクト 東川口校」や「城南コベッツ 東川口教室 個別指導学習塾」など、10以上の施設が点在。「ベネッセの英語教室 東川口教室」や「東川口モンテッソーリ幼児教室」、「チャイルド・アイズ 東川口校」、「公文式北原台教室」など、小さい頃から通える教室も幅広く揃っています。

150年の歴史がある小学校

通学区の「川口市立戸塚小学校」
通学区の「川口市立戸塚小学校」

塾が駅周辺に10以上点在しています

「個別指導臨海セレクト 東川口校」
「個別指導臨海セレクト 東川口校」


古民家フレンチやエリア屈指のスイーツが食を彩る

現地を歩いていると、気になるグルメ店が数多くありました。住宅街にある古民家フレンチ「restaurant KAM」は、自家菜園の野菜を使った料理が楽しめます。「tere saun」は、カフェではローストビーフやシチューが味わえ、その階上には本格サウナもある隠れ家的スポットです。

住宅街に突如現れたのは、寝台特急北斗星の車両を使用する「ベーカリーレストラン グランシャリオ」。同じ敷地内には「古民家イタリアン リストランテ谷澤」や「そば処名倉」などもあり、食のテーマパークのようになっています。その他にも、2021(令和3)年開店のイタリアン「ENCOUNT」や、本格的な炊きたてのパエリャが味わえるスペイン料理店「サブロッソ」などが点在。エリア屈指の人気を誇るスイーツ店「アルカイク」で、食後のデザートやパンを買うのもオススメです。

料理は自家菜園の野菜を使用

古民家フレンチ「restaurant KAM」
古民家フレンチ「restaurant KAM」

寝台特急北斗星の車両を使用

「ベーカリーレストラン グランシャリオ」
「ベーカリーレストラン グランシャリオ」


発見ポイント!

「東川口」駅南口の様子
「東川口」駅南口の様子

  • (1)駅前や公園などに自然が多くあり、落ち着いた環境で暮らせる
  • (2)保育園、公園、児童館など、子育て家族にとってあるとうれしい施設がそろっている
  • (3)エリアはフラットな道が多くて、大通りには歩道が整備されているので安全

\ 私が紹介しました/

admin